学部・大学院
Academics

秋田 典子

秋田 典子 准教授 博士(工学)
土地利用管理論、環境コミュニケーション論、環境マネジメントシステム実習

氏名 秋田 典子
職位 准教授
学位 博士(工学)
所属
  • 園芸学研究科 緑地環境学コース 環境造園学領域 環境造園管理学分野
  • 園芸学部 緑地環境学科 環境造園学プログラム 環境造園管理学分野
居室 D棟 2階 203
電話 047-308-8931
E-mail noriko@
faculty.chiba-u.jp

ホームページ
http://www.h.chiba-u.jp/kanri/(研究室)
https://sites.google.com/site/akitalabo/(個人)

経歴

東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻博士課程を2004年に修了。その後、東京大学国際都市再生研究センター研究員、東京大学大学院新領域創成科学研究科研究員を経て、2008年12月より現職。専門は条例等の制度を通じた開発コントロールや土地利用規制、デザインガイドライン等による建築物の形態コントロール。主な研究テーマはまちづくり条例や景観条例の実効性、まちづくり協議会等の地区レベルの計画策定、開発協議やまちづくり、景観誘導等に関する制度全般。近年は、低未利用地の活用、都市内農地、コミュニティ自治等についての研究にも取り組んでいる。真鶴町、秦野市、下田市、江戸川区、袖ヶ浦市、松戸市、佐倉市、所沢市等でまちづくり条例、景観条例、都市計画マスタープラン、緑の基本計画等の各種の条例や行政計画の策定・制定に関わる。学会活動としては、これまでに日本都市計画学会の学術委員、関東都市学会の理事等を担当している。

主な業績

  • 共著『都市計画・まちづくり紛争事例解説-法学と都市工学の双方から』,ぎょうせい,2010
  • 共著『住民主体の都市計画』,学芸出版社,2009
  • 秋田典子(2010)『まちづくり条例に基づく地区レベルのまちづくり制度の運用実態に関する研究 -神戸市まちづくり条例に基づくまちづくり協議会を事例として-』日本都市計画学会学術研究論文集,No.45-3,p7-12
  • Tsuyoshi SEIKE & Noriko AKITA (2008)"Dismantlement of buildings and recycling of construction waste" ,Urban Environmental Management and technology ,pp107-128, Springer
  • Noriko Akita "How have the Machizukuri ordinances supported Machizukuri movement in Japan", ASCOM community development international workshop in Taiwan(2008)
  • 秋田典子「環境と共生する都市計画」(高見沢実編『都市計画の理論』,学芸出版社,2006)
  • 共著(2008)「秋田県における木質系建材のマテリアルフローの実態と再資源化の取り組みに関する環境評価」日本建築学会技術報告集第14巻第27号,pp37-42
  • 共著(2008)「台湾離島の金門・澎湖島地域における集落環境の維持・保全に関する研究」日本建築学会技術報告集第14巻27号,pp31-36
  • 秋田典子(2007)「地区レベルの事業と計画の連携の意義及び可能性に関する研究-秦野市景観まちづくり条例に基づく庭先協定と横浜市地域まちづくり推進条例に基づくまち普請事業から」,日本都市計画学会学術研究論文発表会論文,No.42-3,pp667-672
  • 秋田典子(2007)「まちづくり条例を通じた開発の質のコントロールの成果と課題-真鶴町まちづくり条例の13年間の運用から」,関東都市学会年報,No.9,p27-32
  • 秋田典子(2006)「自主条例の景観法に基づく景観条例、景観計画への移行実態に関する研究-神奈川県内の自主条例を有する景観行政団体を事例として-」,日本都市計画学会学術研究論文発表会論文,No.41-3、p313-318
  • 共著(2004)「地区詳細計画に基づく開発コントロールの実効性の評価-神戸市共生ゾーン条例の里づくり計画を事例として-」,日本都市計画学会学術研究論文発表会論文,NO.39-3,p463-468
  • 共著(2003)「個別協議方式による開発コントロールの実態と課題―真鶴町まちづくり条例の美のリクエスト方式を事例として-」,日本都市計画学会学術研究論文発表会論文,NO.38-3,p199-204
  • 共著(2003)「主体の差異と景観形成の相違」,関東都市学会年報第5号,p7-14
  • 共著(2002)「土地利用計画策定手続きと環境アセスメント手続きの統合に向けて - 米国ワシントン州の環境アセスメント制度の事例研究 -」,日本都市計画学会学術研究論文発表会論文, No.37,pp.751-756
  • 共著(2001)「土地利用調整を主目的とするまちづくり条例の実効性の評価―長野県穂高町のまちづくり条例を事例として」,日本都市計画学会学術研究論文発表会論文,No.36,p1-6
  • 共著(2001)「地域資源に対する住民の価値構造に関する研究―福島県原町市での分析-」,日本建築学会計画系論文集No.545,pp101-106

▲ PAGE TOP