学部・大学院
Academics

木下 勇

木下 勇 教授 工学博士
都市計画学 農村計画学

木下 勇木下 勇

氏名

木下 勇

職位

教授

学位

工学博士

所属
  • 園芸学研究科 緑地環境学コース 環境造園学領域 環境造園計画学分野
  • 園芸学部 緑地環境学科 環境造園学プログラム 環境造園計画学分野
居室 B棟 3階 304 (東側)
電話 047-308-8880
E-mail isamikinoshita@
faculty.chiba-u.jp
ホームページ http://www.h.chiba-u.jp/lab/tcp/tcp/Welcome.html

経歴

静岡県生まれ、東京工業大学で建築を学び、1979-80年にETH(スイス連邦工科大学)留学、1984年に東京工業大大学院博士後期課程を修了し、遊び場のテーマで工学博士の学位を取得。大学院時代より、子どもの遊びと街研究会を主宰し、東京世田谷の三軒茶屋・太子堂地区で三世代遊び場マップ・図鑑づくりに従事し、住民参加、子ども参画のまちづくりを進める。(社)農村生活総合研究センター研究員を経て、1992年より千葉大学園芸学部に勤める。専門は都市計画、まちづくり、農村計画、子どもの参画や環境学習のワークショップ。UNESCO Growing Up In Citiesの日本コーディネーター。常に自分の足下でまちづくりをモットーに松戸小金地区のまちづくりにも関わる。

主な業績

  • Isami KINOSHITA(2010.4) NiwaRoju, (Jeffrey Hou ed. "Insurgent Public Space" ), Routledge, 159-167
  • 木下勇(2010.3)校庭からの街のコモンづくりへ (建築の今編集委員会編『建築の今』) 建築資料研究社 255-260
  • 木下勇(2010.3)『子どもの遊びと安全・安心が両立するコミュニティづくり』 こども環境学会、萌文社、1-86
  • 木下勇(2010.1) 「レビュー 未来をみすえる力が求められている」,「レビュー 食は人をつなぐ触媒」,「展望2 建築系の視点から 生活のあるべき方向をデザインする感覚を育む『住まい・まち学習』」,「あとがき」(住宅総合研究財団住教育委員会編『屋根のない学校 対話共生型住まい・まち学習のすすめ』),萌文社, pp.215,229, 266-274, 292
  • 木下勇(2009.12)子どもの移動の自由と安全の両立、都市計画Vol.58/No.6, 日本都市計画学会、pp.41-44
  • 木下勇(2009.12)エネルギー生産で地方は変わる 南ドイツの農村から、都市計画Vol.58/No.6, 日本都市計画学会、pp.109-110
  • 木下勇(2009.11)子どもの目線からみた道路のあり方、道路 2009.11、(社)日本道路協会、pp.32-35
  • 木下勇・卯月盛夫・みえけんぞう編著(2010)『こどもがまちをつくる』萌文社
  • 木下勇(2009.7 )「第5章 子どもの遊びの質の変化」、「第11章子どもの参画で子どもにやさしいまちづくりを」、「アクションプラン 学校から遊び場を広げる」 (仙田満+上岡直見 編『子どもが道草できるまちづくり』)、学芸出版社、pp.82-91, 174-183, 186-191
  • 木下勇(2009.4)都市計画における公共の福祉の再考、建築と社会2009.4、日本建築協会、pp.14-15
  • Isami KINOSHITA (2009.3) Charting Generational Differences in Conceptions and Opportunities for Play in Japanese Neighborhood, Journal of Intergenerational Relationships, vol,7, No.1, Routledge, pp.53-77,
  • 木下勇(2009.2) 知恵袋 スイスの環境モデル都市の構築、区画整理 2009年2月、街づくり区画整理協会、47-50
  • Isami Kinoshita, Hans Binder(2008.8), A Study on Identity and Sustainability by Area Management of Urban Regeneration Projects~From Some Cases in Switzerland and Japan, Proceedings of International Symposium on City Planning 2008, 21-23 Aug. Korea Planners Association, Chonbuk National University, Korea, 408-417
  • ペーター・ヒューブナー著、木下勇訳(2008.11)『子どもたちが学校をつくる』鹿島出版会、1-187
  • 木下勇(2008.2)都市計画と子ども条例,子ども条例ハンドブック 子どもの権利研究第12号, 54-61
  • 木下勇(2008.2)第10章 まちづくりと子ども・遊び・エコロジー,広井良典編『環境と福祉の総合』,有斐閣,197-214
  • Kinoshita, Isami・ Binder, Hans (2007.8), A Study on Sustainable Area Management by Urban Regeneration Projects~From some cases in Japan & Switzerland,International Symposium of City Planning 2007 Proceedings,City Planning Institute of Japan pp.660-669
  • 木下勇(2007)「ワークショップ~住民主体のまちづくりへの方法論」, 学芸出版
  • 木下勇(2007)市民参加による都市のオープンスペースデザインの実践~庭路樹の提案から、建築学会編「都市建築のかたち」 ,丸善, 186-206
  • 木下勇(2007)まちづくりのきっかけづくり 2.1まちづくりの諸活動からーまちづくりの気運づくりー, 西村幸夫編「まちづくり学」, 朝倉書店, 26‐38
  • Hou, Jeffrey & Kinoshita ,Isami (2007) Bridging Community Differences through Informal Processes: Reexamining Participatory Planning in Seattle and Matsudo, Journal of Planning Education and Research 2007 26: 301-314
  • Kinoshita ,Isami & Hou, Jeffrey (2006) Building Sustainable Community through Intergenerational Participation: Cases of Community-University Partnership in International District, Seattle and Kogane, Matsudo, International Symposium on Urban Planning 2006, Taipei Taiwan, 422-432
  • 木下勇(2006):空間の質と都市計画、地域のガバナンスと都市計画~町内会とまちづくり協議会をめぐって、高見沢実編著「都市計画の理論~系譜と課題」、学芸出版社、pp.107-131、220-243
  • Hou, Jeffrey, Ono, Sawako & Kinoshita ,Isami (2005):Design Collaboration in the Space of Cross-cultural Flows, Landscape Journal 24(2), Council of Educators in Landscape Architecture &University of Wisconsin Press, 125-135
  • Kinoshita, Isami (2005):Vulnerability For Overcoming Conflicts- For the Community Capacity Building, International Community Planning Forum Papers & Abstracts, Community Taipei 2005, 456-468
  • 木下勇(2004):自然体験型遊び場づくり(「地域環境デザインと継承」日本建築学会編シリーズ地球環境建築・専門編1),彰国社,306-310
  • 木下勇(2004):まちづくり学習とNPO(「まちづくり学習」,日本建築学会編まちづくり教科書第6巻),丸善,44-51
  • 木下勇(2004):海・まち育てのすすめー自然再生の市民参加と都市計画制度(「海辺の環境学」,小野佐和子・宇野求・古谷勝則編),東京大学出版会, 212-251
  • Hou, Jeffrey & Kinoshita ,Isami (2004): Negotiating Community Differences: Participatory Planning in International District, Seattle and Kogane District, Matsudo、The 5th pacific Rim Conference on Participatory Community Design 2004 Seattle, Proceedings, (Re)Constructing Communities, Jeffrey Hou, Mark Francis, Nathan Brightbill ed. Center for Design Research UCA Davis, 128-134.
  • 木下勇・中村攻(2004)千葉市を事例とした「スロースペース」の視点からみた市街地のオープンスペース特性,日本造園学会 ランドスケープ研究,67巻No.5, 767-772
  • Hou, Jeffrey & Kinoshita ,Isami (2002) : Neighborhood Revitalization and Divided Identities in International District, Seattle and Kogane, Matsudo, The 4th pacific Rim Conference on Participatory Community Design 2002 Proceedings, pp45-57
  • Isami KINOSHITA, Chia-ning Yang, Chien-Kuo Chiang(2002): The Spontaneous Use and Participatory Stream Restoration :A Cross-cultural Inspection, The 4th pacific Rim Conference on Participatory Community Design 2002 Proceedings, 1-43
  • 木下勇(2003):都市計画と子どもの権利,子どもの権利条約総合研究所「子どもの権利研究第2号,日本評論社, 87-93
  • Isami KINOSHITA, Jeffrey Hou (2001) Organized Participation and Community Capacity-building: Recent Cases of Organized Community Actions In Taiwan and Japan, BUILDING CULTURAL DIVERSITY THROUGH PARTICIPATION, Building and Planning Research Foundation, NTU, 140-179
  • Isami Kinoshita, Eileen Adams (2000) 「まちワークMachi-work Education for Participation」, Fudosha
  • Kinoshita, Isami ・Nakamura, Osamu・Laili,Yang・Ping,Li (1999):Urban Urban Planning Issues to Make A Children-suitable City―A Case Study about the Children's Playing Field in Different Residential Areas of China and Japan (Ⅱ),Forestry Studies in China,Vol.1,47-56
  • 木下勇他子どもの遊びと街研究会(1999)「三世代遊び場図鑑」, 風土社
  • 木下勇(1999) 「子どもとまちづくり」佐藤滋編「まちづくりの科学」, 鹿島出版会,327-335
  • 木下勇・吉川仁(1999):都市におけるエディブル・ランドスケープ(食べられる景観)の意味と役割について―東京都下の三住宅地の実態調査から―,日本都市計画学会平成11年度都市計画論文, No.34, 361-366
  • 木下勇(1996)「遊びと街のエコロジー」丸善

▲ PAGE TOP