学部・大学院
Academics

間野 正美

間野 正美 助教 博士(農学)
微気象学

間野 正美間野 正美

氏名

間野 正美

職位

助教

学位

博士(農学)

所属
  • 園芸学研究科 生物資源科学コース 生物生産環境学領域 物理環境分野
  • 園芸学部 園芸学科 生物生産環境学プログラム 物理環境分野
居室 C棟 3階 307
電話 047-308-8902
E-mail mano@
chiba-u.jp

埼玉県生まれ、千葉大学園芸学部を卒業,同大学院自然科学研究科博士前期課程を修了し,民間の気象コンサルタント会社に2年間勤める.その後,千葉大学大学院自然科学研究科博士後期課程に入学,博士(農学)を取得.以後,(独)国立環境研究所,(独)農業環境技術研究所で研究を行い,2012年7月より千葉大学園芸学部に勤める.
専門は微気象学で,大気-陸面相互作用の解明に関する研究を通して地球温暖化の問題に取り組んでいる.現在は,農耕地における温室効果ガス(二酸化炭素やメタン)の交換速度(フラックス)を長期モニタリングし,肥培管理を含めた環境・気象条件が温室効果ガス収支の季節・年々変動に及ぼす影響を調べている.国内の研究者・機関で構成されるフラックス観測網(JapanFlux)の委員を務めている他,そのアジア域における連携組織(AsiaFlux)の活動にも積極的に参加しており,この分野・地域の研究および教育の発展に貢献したいと考えている.

主な業績

  • Hossen, Md. S., Mano, M., Miyata, A., Baten, Md. A. and T. Hiyama (2011) Surface energy partitioning and evapotranspiration over a double-cropping paddy field in Bangladesh, Hydrological Processes, 26(9), 1311-1320.
  • Mano, M. (2011) Practical Handbook of Tower Flux Observation,2.2 Open-path CO2/H2O analyzers (pp. 41-66), Editorial Board of "Practical Handbook of Tower Flux Observation"), Hokkaido Research Center, Forestry and Forest Products Research Institute.
  • Yoshikoshi, H., Ono, K., Mano, M., Miyata, A. and G. H. Han (2011) Evaluation of dry air densities at a frequency of 10 Hz from a fast response open path IRGA and ultrasonic anemometer, J. Agr. Sci. Chungbuk Nat'l Univ., 27(1), 9-14.
  • Huemmrich, K. F., Gamon, J. A., Tweedie, C. E., Oberbauer, S. F., Kinoshita, G., Houston, S., Kuchy, A., Hollister, R. D., Kwon, H., Mano, M., Harazono, Y., Webber, P. J. and W. C. Oechel (2009) Remote sensing of tundra gross ecosystem productivity and light use efficiency under varying temperature and moisture conditions, Remote Sensing of Environment, 114(3), 481-489.
  • 宮田明, 間野正美 (2008) 真瀬水田フラックス観測点の10年, 関東の農業気象, 日本農業気象学会関東支部(34), 2-5.
  • Oue, H., Motohiro, S., Inada, K., Miyata, A., Mano, M., Kobayashi, K. and J. Zhu (2008) Evaluation of ozone uptake by the rice canopy with the multi-layer model, Journal of Agricultural Meteorology, 64(4), 223-232.
  • 間野正美・宮田明・安田幸生・永井秀幸・山田智康・小野圭介・齋藤誠・小林義和 (2007) オープンパス型渦相関法データの品質管理, Journal of Agricultural Meteorology, 63(3), 125-138.
  • 間野正美・宮田明・永井秀幸・山田智康・小野圭介・齋藤誠・小林義和 (2007) Open-path型渦相関法によるCO2フラックスの偶然誤差とその誤差が年間炭素収支評価に及ぼす影響, Journal of Agricultural Meteorology, 63(2), 67-79.
  • Huq, M. M., Khatun, R., Hossen, Md. S., Khan, Md. B., Baten, Md. A., Mano, M. and A. Miyata (2007) Long-term Carbon Dioxide Flux Measurement at Bengal Lowland, AsiaFlux Newsletter, 23, 13-16.
  • Harazono, Y., Mano, M., Miyata, A., Yoshimoto, M., Zulueta, R. C., Vourlitis, G. L., Kwon, H. and W. C. Oechel (2006) Temporal and spatial differences of methane flux at arctic tundra in Alaska, Memoirs of National Institute of Polar Research, Special Issue., 59, 79-95.
▲ PAGE TOP