学部・大学院
Academics

八島(松島) 未和

八島(松島) 未和 講師 博士(農学)

八島(松島) 未和八島(松島) 未和

氏名

八島(松島) 未和

職位

講師

学位

博士(農学)

所属
  • 園芸学研究科 生物資源科学コース 生物生産環境学領域 化学環境分野
  • 園芸学部 園芸学科 生物生産環境学プログラム 化学環境分野
居室 B棟 1階 127
電話 047-308-8818
E-mail matsushima@
faculty.chiba-u.jp
ホームページ http://www.h.chiba-u.jp/soil/

福岡生まれ千葉育ち。千葉県立東葛飾高校出身。千葉大学園芸学部卒業後、カナダ、エドモントンのアルバータ大学において修士号(MSc)を取得。千葉大学自然科学研究科において博士号(農学)を取得。大韓民国、全南国立大学農業生命大学校に研究生として留学。2007年11月より現職。
土壌を中心とした生態系における炭素・窒素の循環に研究の重点を置いている。黒ボク土壌からの亜酸化窒素生成、寒冷地の森林更新時における窒素循環、若年森林において雑草繁茂が窒素循環に与える影響、施肥とアンモニア揮散の関係、これらテーマへの安定同位体(炭素・窒素)を用いたアプローチ、などの研究を行っている。

主な業績

  • Matsushima M, Chang SX. 2006. Vector analysis of understory competition, N fertilization, and litter layer removal effects on white spruce growth and nutrition in a 13-year-old plantation. Forest Ecology and Management. 236: 332-341.
  • Matsushima M, Chang SX. 2007. Effects of understory competition, N fertilization, and litter layer removal on soil N cycling in a 13-year-old white spruce plantation infested with Canada bluejoint grass. Plant and Soil. 292: 243-258.
  • Matsushima M, Chang SX. 2007.Nitrogen and water availabilities and competitiveness of Bluejoint: spruce growth and foliar 13C and 15N abundance. Soil Science Society of America Journal. 71:1547-1554.
  • Matsushima M, Choi W-J, and Inubushi K. 2009. Nitrification inhibitor reduces N2O production from different soil profiles of an andosol soil. Communications in Soil Science and Plant Analysis. 40: 3194-3206.
  • Matsushima M, Lim S-S, Kwak J-H, Park H-J, Lee S-I, Lee D-S, Choi W-J. Interactive effects of synthetic nitrogen fertilizer and composted manure on ammonia volatilization from soils. 2009. Plant and Soil. 325: 187-196.

▲ PAGE TOP