学部・大学院
Academics

小原 均

小原 均 教授 博士(農学)
果樹生産システム論、資源植物生理学

小原 均小原 均

氏名 小原 均
職位 教授
学位 博士(農学)
所属
  • 園芸学研究科 生物資源科学コース 栽培・育種学領域 栽培学分野
  • 園芸学部 園芸学科 栽培・育種学プログラム 栽培学分野
  • 園芸別科 園芸別科を担当するスタッフ 
居室 C棟 2階 207
電話 047-308-8801
E-mail oharah@
faculty.chiba-u.jp
ホームページ http://www.h.chiba-u.jp/kazyu/

学歴

1982 千葉大学園芸学部卒
1983 千葉大学大学院園芸学研究科退学

職歴

1983 千葉大学助手(園芸学部附属農場)
1987 千葉大学助手(園芸学部)
1997 千葉大学講師(園芸学部)
2001 千葉大学助教授(園芸学部)
2003 千葉大学環境健康フィールド科学センターに配置換え

所属学会・活動

園芸学会・同会計幹事(2002-2003)/日本ブドウ・ワイン学会・同編集委員会論文審査委員(2001-)/日本熱帯農学会・同電子情報委員会委員(2000-)・同編集幹事(2002-)/国際園芸学会/アメリカ園芸学会/アメリカブドウ・ワイン学会

キーワード

植物ホルモン/植物成長調整剤/減農薬/果実

共同研究が可能なテーマ

農薬の使用量低減化に関する研究/果実の機能性成分に関する研究

現在の主な研究テーマ及びその概要

1 アンモニウム塩添加による植物成長調整剤の使用量低減化に関する研究
近年,農薬の多用による環境汚染が大きな問題となっているが,現段階ではそれらの使用なくして農業は成り立たないため,それらの使用量低減化を図る方法を探索することは重要課題であり,もしその方法が開発されれば食品としての安全性が高まるとともに環境に優しい農業が可能となる.そこで,薬剤透過性に関連すると考えられているアンモニウム塩を混用することにより,果樹栽培で実用化されている植物成長調整剤の処理濃度の低減化が可能かどうかを検討しており,硝酸アンモニウムまたは硫酸アンモニウムとの混用によりブドウ'デラウェア'の無核化のためのジベレリン濃度を3/4~1/2に低減できることが明らかとなった.

教育

園芸学部:果樹園芸学各論Ⅱ/専攻研究
自然科学研究科:果樹園芸学特論Ⅱ/特別研究Ⅰ・Ⅱ
普遍教育:生物学基礎実験Ⅲ
園芸別科:果樹Ⅱ/専攻実習Ⅰ・Ⅱ(果樹)

学内活動

全学:広報委員会委員(2003-)
園芸学部:広報委員会委員(2003-)

社会活動

公開講座「ガーデニング-おいしい果物作り」(2001)/まちとみどりの園芸の相談受付・相談員(園芸学部,2003-)

国際活動

国際園芸学会第26回大会(2002,カナダ)/国際アジアナシシンポジウム(2001,鳥取)/アメリカブドウ・ワイン学会第50回大会(2000,アメリカ)/Rooting Ability of Hardwood Cuttings of Norton Grapevine (Vitis aestivalis) under Different Conditions.(2003,ASEV 54th Annual Meeting)

主な論文

  1. Effects of the Combination of Gibberellic Acid and Ammonium Nitrate on the Growth and Quality of Seedless Berries in 'Delaware' Grapes.2003.J.Japan.Soc.Hort.Sci.72:366-371.(共著)
  2. ジベレリンA3 と硫酸アンモニウムとの混用処理がブドウ'デラウェア'の無核果粒の生長と品質に及ぼす影響.2003.J.ASEV Jpn.14:58-63.(共著)
  3. Changes in the Intensity of Bud Dormancy and Internal Compositions of Current Shoot in Fig.2002.J.Japan.Soc.Hort.Sci.71:177-182.(共著)
  4. Endogenous Gibberellins in Immature Seeds of Prunus persica L.:Identification of GA118,GA119,GA120,GA121,GA122 and GA126.2001.Phytochemistry.57:749-758.(共著)
  5. ブドウ'巨峰'無核果の脱粒とその防止に関する研究.999.J.ASEV Jpn.10:144-148.(共著)

主な著書

  1. 果樹.2004.実教出版.(共著)
  2. 果樹指導資料.2004.実教出版.(共著)
  3. 日本ブドウ学.1996.養賢堂.(共著)
▲ PAGE TOP