学部・大学院
Academics

大江 靖雄

大江 靖雄 教授 博士(農学)
農村環境経済学、生物資源政策評価学

大江 靖雄大江 靖雄

氏名

大江 靖雄

職位

教授

学位

博士(農学)

所属
  • 園芸学研究科 食料資源経済学コース 食料資源経済学領域 資源環境経済学分野
  • 園芸学部 食料資源経済学科 食料資源経済学プログラム 資源環境経済学分野
居室 B棟 3階 318
電話 047-308-8916
Fax 047-308-8916
E-mail yohe@
faculty.chiba-u.jp
ホームページ http://www.h.chiba-u.jp/lab/en-joho/ohe.htm

神奈川県川崎市生まれ、北海道大学農学部農業経済学科卒業、同大学院環境科学研究科修士課程修了。 学生時代は、厳冬期のオホーツク流氷原踏査、ユーラシア大陸一周徒行などを完遂し、未知のものに対する憧れを抱き挑戦してきた。職歴は、北海道庁主事、農林水産省北海道農業試験場研究員、同中国農業試験場農村システム研究室長、1998年より千葉大学園芸学部助教授、2001年教授。専門は農村経済学。研究テーマは、21世紀における農業や農村資源の新たな可能性と役割を明らかにすること。そのために必要となる農業の多面的機能の役割や農村ツーリズムなど農業と農村経済の多角化の条件について、国内とイタリア農村をフィールドとして比較研究を続けている。
国連食糧農業機関(FAO)プロジェクト評価委員(2006-2007)、「農業経営研究」編集委員長(2004-2006)、人事院国家公務員採用Ⅰ種試験(農学Ⅰ)試験専門委員(2002-2005, 2007-2010)、千葉県グリーン・ブルーツーリズム担い手養成塾長(2005-)、松戸市食育推進委員会長(2008-)

主な業績

  • 大江靖雄(2003)農業と農村経済多角化の経済分析, 農林統計協会.
  • 大江靖雄(1993)持続的土地利用の経済分析-畑作農業の展開と作付行動-, 農林統計協会.

<共著>

  • Ohe, Y. (2011) Evaluating labour productivity of diversifying rural tourism, in Cerina, F., Markandya, A. & McAleer, M. (Eds), Economics of Sustainable Tourism, Oxon: Routledge, 108-125.
  • Ohe, Y. and Ciani, A. (2010) The demand trend of Italian agritourism, Brebbia, C.A. & Pineda, F.D. (Eds), Sustainable Tourism IV, Southampton: WIT Press, 437-448.
  • 大江靖雄(2010) 観光農業と農村道路-その整備効果を検証する-,観光まちづくりと地域資源活用,総合観光学会編, 同文舘出版,87-98.
  • Ohe, Y. (2010) Barrier to Change in Rural Tourism, Keller, P. and Bieger, T. (Eds) Managing Change in Tourism: Creating Opportunities-Overcoming Obstacles. Berlin: Erich Schmidt Verlag, 31-46.
  • Ohe, Y.(2008) Characteristics and issues of rural tourism in Japan. Pineda, F.D. and Brebbia, C.A. (Eds), Sustainable Tourism III, Southampton: WIT Press, 305-316.
  • 大江靖雄(2007)グリーンツーリズム,日本農業経営学会編, 農業経営学用語辞典, 農林統計協会.
  • 大江靖雄(2006)グリーンツーリズム, 前田勇・佐々木土師二監修, 小口孝司編集,観光の社会心理学 ひと・こと・もの-3つの視点から,北大路書房.
  • 大江靖雄(2006)農業の新たな機能と農村観光の可能性-定年帰農者による農林漁業体験民宿を事例として-, 総合観光学会編, 競争時代における観光からの地域づくり戦略, 同文舘出版.
  • Ohe, Y.(2006) Evaluating Jointness of Multifunctional Agriculture: Educational Function of Dairy Farming in Japan, Aravossis, K., Brebbia, C. A., Kakaras, E. and Kungolos, A. G. (eds) Environmental Economics and Investment Assessment, WIT Press: Southampton, 337-346.
  • 大江靖雄(2005)酪農教育ファームの取組みと展開への課題, 持田紀治編, 国際競争に打ち勝つ農業経営自立化戦略-新しい農業経営者能力の開発と活用-, 農林統計協会, 56-73.
  • 大江靖雄(2003)わが国における農村ツーリズムの意義と課題, 総合観光学会編, 観光の新たな潮流, 同文舘出版, 3-20.
  • 大江靖雄(2002)農業の多面的機能とグリーンツーリズムのビジネス化, 持田紀治編, グリーン・ツーリズムとむらまち交流の新展開, 家の光協会, 11-27.

<論文>

  • Ohe, Y. (2011) Evaluating internalization of multifunctionality by farm diversification: Evidence from educational dairy farms in Japan, Journal of Environmental Management, 92(3), 886-891.
  • Ohe, Y. (2010): Evaluating Integrated On-farm Tourism Activity after Rural Road Inauguration: The Case of Pick-your-own Fruit Farming in Gunma, Japan, Tourism Economics, 16(3), 731-753.
  • Ohe, Y. (2008): Impact of Rural Tourism Operated by Retiree Farmers on Multifunctionality: Evidence from Chiba, Japan, Asia Pacific J. of Tourism Research, 13(4), 343-356.
  • Ohe, Y. (2007): Multifunctionality and Rural Tourism: A Perspective on Farm Diversification, J. of International Farm Management, 4(1), 1-23.
  • 大江靖雄(2007) 多角的資源利用と農村経済の持続性, 農林業問題研究, 169, 345-354.
  • Ohe, Y. (2006): On the Relationship between Multifunctionality and Hamlet Activities as a Rural Institution, Jpn. J. of Rural Economics, 8, 41-57.
  • Ohe, Y. (2005): The Impact of Rural Road Building on Pick-your-own Fruit Farming in Gunma, Japan, Jpn. J. of Tourism Studies, 5, 13-21.
  • 大江靖雄・A. Ciani(2005)アグリ・ツーリズム活動の多様化と資源利用の関連性, 農業経営研究, 43(1), 124-127.
  • 大江靖雄(2005)多面的機能としての教育機能とその市場規模, 農業と経済, 臨時増刊, 47-59.
  • 大江靖雄(2004)農業経営の多角化と農家の所得概念-農村ツーリズムを題材として-, 農業経営研究, 42(1), 131-134.
  • 阪口知子・大江靖雄(2003)都市農業としての体験農園の経営的可能性-練馬区農業体験農園を事例として- , 2003年度日本農業経済学会論文集, 108-113.
  • 大江靖雄・Adriano Ciani(2003)イタリア中部・ウンブリア州におけるアグリツーリズムの展開とその特徴, 総合観光研究, 2, 11-18.
  • Ohe, Y. (2001): Farm Pluriactivity and Contribution to Farmland Preservation: A Perspective on Evaluating Multifunctionality from Mountainous Hiroshima, Jpn. J. of Rural Economics, 3, 36-50.
▲ PAGE TOP