学部・大学院
Academics

矢野 佑樹

 矢野 佑樹 講師 博士(農業経済学)

矢野 佑樹

氏名

矢野 佑樹

職位

講師

学位

ph.D.(農業経済学)

所属
  • 園芸学研究科 食料資源経済学コース 食料資源経済学領域 フードシステム学分野
  • 園芸学部 食料資源経済学科 食料資源経済学プログラム フードシステム学分野
居室 C棟 4階 402
電話 047-308-8980
E-mail y.yano@
chiba-u.jp

千葉県船橋市出身。千葉大学園芸学部園芸経済学科卒業、同大学院自然科学研究科修士課程修了後、2008年に米国ペンシルバニア州立大学において博士号(Ph.D.)を取得。スウェーデン農業科学大学経済学部ポスドク研究員、共栄大学国際経営学部専任講師を経て、2016年千葉大学園芸学研究科講師に着任。専門は、農業・環境経済学。
近年は、特にテキストマイニング手法を用いて農産物や食品に対する消費者意識・行動に関する実証研究を行っている。授業は「マーケティング・サイエンス」や「アグリフードビジネス論」等を担当している。

主な業績

論文

  • Yano, Y., Nakamura, T. and Maruyama, A. (2016) Factors influencing the level of anxiety toward vegetables grown in plant factories using artificial light: A case of JA farmers' market in Fukushima, Journal of Rural Problems 52(4), 235-240.
  • Yano, Y., Nakamura, T. and Maruyama, A. (2016) Consumer perception and understanding of vegetables produced at plant factories with artificial lighting, Toyoki Kozai et al. (Eds): LED Lighting for Urban Agriculture, Singapore: Springer, 347-363.
  • 矢野佑樹(2016)人工光型植物工場の普及とマーケティング上の課題,日本国際地域開発学会編『国際地域開発の新たな展開』,筑波書房,183-197.
  • Yano, Y., Nakamura, T. and Maruyama, A. (2015) Consumer perceptions toward vegetables grown in plant factories using artificial light: An application of the free word association method, Focusing on Modern Food Industry 4, 11-18.
  • 矢野佑樹・中村哲也・丸山敦史(2015)原油価格と為替レートが施設園芸農業に与える影響-ベクトル誤差修正モデルによる分析-,農業経営研究53(2),1-11.
  • 陳志鑫・矢野佑樹・中村哲也(2014)アジアの国際空港開設による観光産業の発展 : 香港・シンガポールを事例として,開発学研究 24(3), 64-71.
  • 中村哲也・矢野佑樹・Yu Xiaohua(2014)ドイツ市民が評価するエネルギー政策と放射性物質汚染対策 : オンラインアンケートツールを用いて,開発学研究24(3),49-63.
  • 中村哲也・矢野佑樹・丸山敦史・Yu Xiaohua(2013)欧州4か国における青森産リンゴの購買選択行動-イギリス,ドイツ,スウェーデン,ノルウェーでの食味官能試験からの接近-,開発学研究 23(3),73-85.
  • Yano, Y., Blandford, D. and Surry, Y. (2012) From ethanol shuffle to ethanol tourism - Why the RFS does not make sense, Choices 27(4), 4th Quarter, Agricultural & Applied Economics Association, 1-4.
  • Yano, Y. and Blandford, D. (2011) Agri-environmental policy and moral hazard under multiple sources of uncertainty, European Review of Agricultural Economics 38(1), 141-155.
  • Miranda, S., Swinbank, A. and Yano, Y. (2011) Biofuel policies in the EU, US and Brazil, EuroChoices 10(3), 11-17.
  • 中村哲也・丸山敦史・矢野佑樹(2011)購買選択行動からみた青森産リンゴのヘルシンキ市場への輸出の可能性:Finland WINE, Food & GOOD LIVING 2009におけるアンケート調査を用いて-,開発学研究22(1),21-32.
  • Yano Y., Blandford, D. and Surry, Y. (2010) Do current US ethanol policies make sense?, Policy Issues 10, Agricultural & Applied Economics Association, 1-4.
  • 中村哲也・矢野佑樹・丸山敦史(2010)青森産混濁リンゴジュースの国内消費者の評価-ジュースの規格化及び製品属性を中心として-,農業経営研究48(2),11-23.
  • Yano, Y. and Blandford, D. (2009) Use of compliance rewards in agri-environmental schemes, Journal of Agricultural Economics 60(3), 530-545.
▲ PAGE TOP