学部・大学院
Academics

渡辺 正巳(国)

渡辺 正巳 教授 農学博士
植物栄養学特論、植物成長栄養学

渡辺 正巳(国)渡辺 正巳(国)

氏名

渡辺 正巳(国)

職位

教授

学位

農学博士

所属
  • 園芸学研究科 生物資源科学コース 応用生命化学領域 生命分子化学分野
  • 園芸学部 応用生命化学科 応用生命化学プログラム 生命分子化学分野
居室 西千葉キャンパス学際型研究拠点 312
電話 043-290-2985
E-mail masamiwata@
faculty.chiba-u.jp
ホームページ http://www.h.chiba-u.jp/plantn/

千葉県で生まれ育ちました。明治大学農学部を卒業後、東京大学大学大学院農学系研究科に入学し、博士課程修了後、1990年に千葉大学園芸学部に助手として採用されました。専門は植物生理学、植物栄養学です。
植物は植物体を構成する個々の単細胞から個体を再生する能力(分化全能性)を備えています。植物細胞は硬い細胞壁で囲まれているため、単細胞を単離するためには、細胞壁を細胞壁分解酵素で溶解しなければなりません。単離した単細胞(プロトプラスト)は、単離の過程で様々なストレスを受けているため、植物の種類によっては分化全能性を発現できなくなっています。植物の単細胞から個体が再生するメカニズムの解明とその応用研究に取り組んでいます。
今後、植物の代謝フラックス解析など、バイオインフォマティクスの手法を取り入れて、植物細胞の分化全能性の解明に挑んでいきたいと思います。

主な業績

  • M. Watanabe, Y. Ohnishi, Y. Itoh, K. Yasuda, K. Kamachi, Ratcliffe RG, Deamination role of inducible glutamate dehydrogenase isoenzyme 7 in Brassica napus leaf protoplasts. Phytochemistry (2011) 72: 587-593
  • M. Watanabe, Y. Itho, K. Yasuda, K. Kamachi and Y. Watanabe, Redox and translational regulation of glutamate dehydrogenase α subunits in Brassica napus under wounding stress, Plant Sci. 172 (2007) 1182-1192.
  • M. Watanabe, D. Setoguchi, K. Uehara, W. Ohtsuka and Y. Watanabe, Apoptotic-like cell death of Brassica napus leaf protoplasts, New Phytol. 156 (2002) 417-426.
  • M. Watanabe, K. Suzuki, H. Kawasaki and Y. Watanabe, Differential responses of Brassica napus and Petunia hybrida to leaf protoplast isolation stress, Physiol. Plant. 114 (2002) 645-651.
  • M. Watanabe, T. Hoshino, A. Kikuchi and Y. Watanabe, Purification and characterization of two glutamate dehydrogenase isoenzymes from Brassica napus, Plant Physiol. Biochem. 37 (1999) 731-739.
  • M. Watanabe, T. Hanamoto and Y. Watanabe, Senescence development of Brassica napus leaf protoplast during isolation and subsequent culture, J. Plant Physiol. 152 (1998) 487-493.
  • M. Watanabe, H. Nakayama, Y. Watanabe and N. Shimada, Mechanical slicing-induced alteration of GDH isoenzyme patterns in Brassica napus leaf protoplasts, J. Plant Physiol. 143 (1994) 87-91.
  • M. Sato, A. Hiraoka and M. Watanabe, Inhibition of ?-irradiation-induced oxidation of chlorogenate by 1,3-dicaffeoylquinate in Xanthium occidentale, Phytochemistry 33 (1993) 1357-1360.
  • M. Sato, A. Hiraoka and M. Watanabe, Flower discolouration in Magnolia, Phytochemistry 31 (1992) 3413-3416.
  • M. Watanabe, H. Nakayama, Y. Watanabe and N. Shimada, Induction of a specific isoenzyme of glutamate dehydrogenase during isolation and the first 48 h of culture of Brassica napus leaf protoplasts, Physiol. Plant. 86 (1992) 231-235.
▲ PAGE TOP