学部・大学院
Academics

吉田 義明

吉田 義明 准教授 博士(農学)
農業経営学、地域労働経済論

吉田 義明吉田 義明

氏名

吉田 義明

職位

准教授

学位

博士(農学)

所属
  • 園芸学研究科 食料資源経済学コース 食料資源経済学領域 フードシステム学分野
  • 園芸学部 食料資源経済学科 食料資源経済学プログラム フードシステム学分野
居室 C棟 4階 401
電話 047-308-8914
Fax 047-308-8914
E-mail yoshiaki@
faculty.chiba-u.jp

1955年富山県生まれ、専修大学大学院経済学研究科修士課程を修了後、東京農業大学大学院研究生を経て、1989年より千葉大学園芸学部勤務。1995年「日本型低賃金の基礎構造-直系家族制農業と農家女性労働力」で東京農工大学より博士(農学)の学位を受ける。農家女性論を核とした地域労働市場研究と園芸経営研究を行ってきた。現在の主要な問題関心は種苗問題を視点とした比較園芸経営研究である。主な学部担当講義は園芸経営に関するものであり、今年度は普遍科目「経済学C」を担当する。また大学院では地域労働経済論を西山講師と共同で担当する。

主な業績

  • 中国園芸の育成者権保護問題と産地化の課題」吉田義明・李梅,『中国21』Vol.20、愛知大学,2007
  • 中国園芸経営の種苗問題-沿岸部園芸産地を事例として-,李梅・吉田義明、農業経営研究44-2,2006
  • 花卉産地における技術革新と経営分化-長野県トルコギキョウを中心として-, 吉田義明・小宮七絵・辻永子,農業経営研究l.38-2、101-106,2000
  • 日本型低賃金の基礎構造-直系家族制農業と農家女性労働力-, 吉田義明,日本経済評論社1996, 1-245
  • Yoshiaki Yoshida, 1996, "Implications of the " M " Curve in the Labor of Participation of Farm-Household Woman in Japan." The Technical Bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University,No.49、159-166
  • 庄内ハウスメロン作の経営構造-女性農業の就業構造と存立条件-, 吉田義明,千葉大学園芸学部学術報告No.47、215-222、1994
  • 農家女性労働の現段階 -直系家族制農業の変貌と農外就労-,吉田義明,社会政策年報No.37、169-187、1993
  • 女性就業構造の地域性と家族経営, 吉田義明,農業問題研究No.37、11-18,1994
  • 中核的稲作地帯における農家女性労働-M字型就労を視点として-,,吉田義明,農村研究、No.75、22-34,1992
  • 農作業受委託の賃金構造-委託側農作業の評価学的検討-,吉田義明,農業問題研究、No.35、20-32,1992
▲ PAGE TOP