入試案内
Admission

履修証明プログラム「園芸技術者養成プログラム」

本履修証明プログラムのねらい

 

本履修証明プログラムについて

日本は、今、超高齢社会を迎えています。中でも農業人口の高齢化・担い手不足は極めて深刻であり、一部の農作物については、極近い将来に安定供給が
困難な状況になることも懸念されています。特に、労働集約的で、複雑な栽培技術を要する園芸作物や造園・樹木等の産業分野では、単純な作業者だけでなく、
大規模菜園や企業的経営農場等で必要とされる基礎的な専門知識や栽培技術・管理技術を有する人材の確保が極めて重要になると思われます。

 千葉大学園芸学部では、次世代農業を担う中心的な人材の体系的な養成を目指して、本履修証明プログラム「園芸技術者養成プログラム」を開設しました。
 





 
 本履修証明プログラムは、園芸や造園・樹木に関わる基礎的な専門知識や栽培技術・管理技術等について、短期間に効率的に修得することを目的として、主に
就農等の明確な目的を有した高等学校卒業者や社会人等の学生以外の者を対象として、人材養成の目的に応じた講義科目・実習科目を体系的に編成した学校
教育法に基づく教育プログラムです。本プログラムの履修修了者には、本学から、学校教育法に基づくプログラムであること及びその名称等を示した履修証明書を
交付します。

履修証明プログラムの概要

  本履修証明プログラムは、総合園芸コース(基礎課程)、総合園芸コース(発展課程)、造園・樹木管理専門コースの3つのコースから構成されています。
それぞれのコースでは、講義科目、実習科目合わせて8科目の履修が必要になります。それぞれのコースのカリキュラムは、園芸学部の園芸学科、緑地
環境学科、食料資源経済学科で現在開講されている科目を組み合わせてあります。受講生はコース毎に指定されている必修科目と選択科目を選定して
受講する必要があります。また、講義・実習は、松戸キャンパスだけでなく、柏の葉キャンパスで実施する科目もあります。

 詳細については、後日発表する募集要項でご確認ください。募集要項は現在作成中であり、11月頃に発表する予定です。


出願資格


 高等学校を卒業した者や通常の課程による12年の学校教育を修了した者。詳細については募集要項を確認してください。 

申込期間

 平成30年1月29日(月)~平成30年1月30日(火)【必着】

 応募書類の志望理由等を考慮し、履修の可否を選考します。選考結果は平成30年3月上旬に通知予定です。

応募書類等

 H30園芸技術者養成プログラム 募集要項(暫定版).pdf ※これは暫定版です。この募集要項(PDF版)で応募することはできません。
正式な募集要項は12月頃にできる予定です。学務係へ直接請求してください。

 1.履修志望票
 2.卒業証明書・修了証等、受講条件を満たしていることを証明する書類
 3.入金票控(大学提出用)を貼った検定料振込確認票
 4.返信用封筒(角型2号に郵便番号、住所、氏名を記入し、140円切手を貼ってください)

入学手続き(振込方法)

検定料及び入学料、授業料は銀行振込による納入となっています。詳しくは下記「検定料、入学料、授業料等の振込み方法について」を参照してください。
授業料等の改定が行なわれた場合には、改定時から新授業料が適用されます。なお、既納の検定料、入学料、授業料等はいかなる理由があっても返還しません。

検定料 9,800円
入学料 28,200円
受講料 220,000円
その他 教科書等や実験・実習に要する費用については、 別途負担してください。

※検定料、入学料、授業料が改定された場合は、改定後の料金が適用されます。

検定料、入学料、授業料等の振込み方法について

検定料、入学料、授業料等の納入方法は、直接現金を納入するのではなく、銀行より振込んでいただく形となっております。検定料を以下の要領にしたがって振り込んでください。

  1. 大学所定の振込依頼書の「ご依頼人」の欄に、カナ氏名、電話番号、住所を記入してください。
  2. 振込依頼書を持ってお近くの銀行等窓口にて振り込んでください。(ゆうちょ銀行・郵便局を除く)ATM自動預払機での振込みはしないでください。必ず窓口にて振込んでください。
  3. 振込んだあとに窓口で受け取る入金票控えのうち「貼付用(大学提出用)」を検定料振込確認票に添付して出願してください。
    振込期間が決まっていますので、忘れずに振込んでください。
    ※入学料、授業料の振込については追って指示します。


問い合わせ先

千葉大学園芸学部学務係

〒271-8510 千葉県松戸市松戸648
TEL 047-308-8712
E-mail : zag8712@
注)メールは@の後にoffice.chiba-u.jpを付けて送信して下さい。

▲ PAGE TOP