園芸経営技術学研究室

 

 

園芸経営技術学研究室は「農」と「食」にまたがる食糧資源管理をフードシステムの視点から経済学・流通論・経営学を統合しながら解明します。特にフードシステムを構成する経済主体の役割を重視し、農業生産における家族経営やアグリビジネス経営体の経営戦略、食品産業と農業の提携条件、農村における女性の役割などの研究領域を分担しながら進めています。しかし、研究領域をさらに拡大し、多様な担い手による地域農業の革新、農業生産サイドと食品製造業、卸・小売業、量販店・生協の戦略の適合性、安全性・資源循環を配慮したフードシステムの革新、食品産業・農業のグローバリゼーションを研究します。

当研究室では「農」と「食」を一体的に理解するというスタンスをとり、さらに農業・農村における担い手の経営システムのあり方、食品産業の経営戦略とフードシステムの革新、安定的で効率的な食料供給システムのあり方と農業・食料政策、消費者と生産者の産直・交流・食農教育のあり方へと研究・教育をひろげる予定です。研究室のスタッフは多くの生産者、食品産業・農協組織・関連の団体、農水省・地方自治体などへの政策・戦略的な提案、研究会の開催と共同研究、ネットワーク化をはかっていて理論の体系化とは別に、現場での課題解決にこれまでの研究成果を活かし、革新のための提案力をつよめています。

大学での研究は研究室に閉じこもるものでなく、成果は「社会化」されて社会に貢献することが必要です。そのためには研究者は新しい社会からの要請に応え、果敢に新しい課題に挑みながら自らを鍛えますが、学生諸君もともに自らを鍛えるつもりでゼミや研究室に関わってもらいたいと思います。この研究室は入る窓口も出る窓口も広く、研究・就職の選択肢は広くなりますが、「農」と「食」への関心を深める努力があると新しい世界が広がるでしょう。

 

スタッフ   斎藤  修 教授(osaito@faculty.chiba-u.jp

 

   吉田 義明 助教授(yoshiaki@faculty.chiba-u.jp)

   

         西山 未真 助手(mima@faculty.chiba-u.jp)

 

271-8510

千葉県松戸市松戸648 千葉大学園芸学部園芸学科

TEL 047-308-8931(斎藤)、8914(吉田)、8950(西山)

FAX 047-308-8920