応用昆虫学研究グループのメンバーです。


教 員
野村昌史 准教授
 昆虫の生活史や害虫防除に関する研究、分子系統学的研究
長 泰行 助教  植物と節足動物の相互作用に関する研究

学 生
八瀬 順也 博士
3年
 昆虫の視覚特性に関する研究(社会人学生)
玉井 一彦 博士
2年
 アブラムシの捕食回避行動
長迫 太郎 修士
2年

 農薬の散布とハダニ個体群動態に関する研究

新谷 天望 修士
2年
 視覚によるモンキチョウの産卵認識特性
宮田 真衣 修士
2年
 キチョウ類の共生微生物が宿主に及ぼす影響
山本 裕生 修士
2年
 ショクガタマバエの余剰殺戮行動に関する研究
吉田 達也 修士
2年
 食植生昆虫の加害と花外蜜腺の関係
齋藤 史明 修士
1年
 ギルド内被食者は同じ産卵場所を選好するギルド内捕食者から子孫を守るのか?
島 雄太 修士
1年

 夜間照明によるヤガ類の忌避効果に関する研究

根本 太一 修士
1年
 ホソヒメハナアブの生活史に関する研究

崎山 智仁

学部
4年
 キンウワバトビコバチの多回交尾と精子利用に関する研究

高橋 紘輝

学部
4年
 階層によるモンシロチョウの被寄生率について

名田 卓磨

学部
4年
 ヤマキマダラヒカゲの分子系統学的研究


技術補佐員

原 三紀