応用昆虫学研究グループのメンバーです。


教 員
野村昌史 准教授
 昆虫の生活史や害虫防除に関する研究、分子系統学的研究
長 泰行 助教  植物と節足動物の相互作用に関する研究

学 生
八瀬 順也 博士
3年
 昆虫の視覚特性に関する研究(社会人学生)
玉井 一彦 博士
3年
 アブラムシの捕食回避行動
長迫 太郎 修士
2年

 ネオニコチノイド系農薬の使用によるハダニ類の増加要因に関する研究

新谷 天望 修士
2年
 モンキチョウの産卵場所選択に関わる光受容細胞の推定
宮田 真衣 修士
2年
 2種のキチョウにおける細胞内共生細菌ボルバキアの感染史
山本 裕生 修士
2年
 ショクガタマバエの余剰捕殺行動に関する研究
吉田 達也 修士
2年
 捕食者の経験がナミハダニの繁殖に及ぼす影響
齋藤 史明 修士
1年
 ギルド内被食者による子孫の保護に血縁認識が果たす役割
島 雄太 修士
1年

 キンウワバ3種の活動時間帯の相違が生殖隔離に果たす役割

根本 太一 修士
1年
 カオマダラクサカゲロウの産卵選好性に関する研究

崎山 智仁

学部
4年
 マイクロサテライトによるキンウワバトビコバチの多型解析

高橋 紘輝

学部
4年
 階層によるモンシロチョウの被寄生率について

名田 卓磨

学部
4年
 ヤマキマダラヒカゲの分子系統学的研究
石井 宗一郎 学部
3年

キンウワバトビコバチの精子利用に関する研究

植島 知代 学部
3年
核DNAによる日本産キンウワバ類の分子系統解析

小高 晟

学部
3年
 

滝沢 俊介

学部
3年
 

谷中 稔侑

学部
3年
ウリウロコタマバエの生活史に関する研究

谷川 未来

学部
2年
 


技術補佐員

原 三紀