環境植栽学
 研 究 室
千葉大学園芸学部
緑地・環境学科
環境植物学講座

[千葉大学園芸学部のページへ]
[学科・講座のページへ]

トップページ 主な研究内容 主な進路 活 動 メンバー 論文等リスト
 [活動の一覧へ]

新駐車場の植栽&管理−その2−
(3年生後期の実習)


設計計画、施工と四苦八苦していた実習もついに完成の時を迎えました。
今回は施工完了時の写真を紹介します。
ひとまず実習は終了ですが、これで終わりではありません。
これから植栽した植物を、育成・管理していく必要があります。植物を扱う設計計画に終わりはないのです。
数年後には、ここはどのような空間になるのでしょうか・・・?
施工が終わった頃には、
すでに園芸学部に秋が訪れていました。
ドウダンツツジの紅葉がとても綺麗です。
緑風会館裏です。
中央にドラセナの木、その周りにサツキを植えました。
そしてグラウンドカバープランツとして、ツルニチニチソウ、キヅタを植えています。
手前の濃緑の植物がキヅタ、
奥の薄緑色の植物がツルニチニチソウです。
その斜面にはジャノヒゲを植えました。
土壌の流出を防ぐなど、法面を保護する目的もあります。
道路側の写真です。
柵に沿って、生垣状のモチノキを植えました。
以前からあった木は刈り込んで整えてあります。
元々そこにあった樹種を有効に活用しました。
新たにツバキを植えた箇所もあります。
きわに沿って、ジャノヒゲも植えてあります。
こうすることによって車を運転する人の注意をひき、車の乗り上げを防ぐことにつながるのではないでしょうか。
緑風会館脇の空間にも、ドラセナ、ナンテンを植えました。
以前よりも、居心地の良い空間になったのではないでしょうか。
これからの季節による変化も楽しみですね。
3年生のみなさん、お疲れさまでした!
 [活動の一覧へ]
トップページ 主な研究内容 主な進路 活 動 メンバー 論文等リスト

環境植栽学研究室 [千葉大学園芸学部のページへ]      [学科・講座のページへ]