Kodama Group:

児玉 研究グループ

マングローブ培養細胞を用いた研究


Home-Kodama group
教員紹介


Research project

研究テーマ紹介


Recent research

最近の研究成果
2016-
2014-2015

2012-2013
2010-2011


Laboratory life

研究室の様子

Map and access
地図とアクセス

 

Home

FDA生体染色法による細胞活性の測定

マングローブのような木本植物の研究はとっても大変。

なぜなら
(1)成長速度が遅い
(2)形質転換などの技術が未発達
(3)細胞壁は固く、多糖類や二次代謝産物などを大量に蓄積することが多く、生化学的解析が難しい。

なので、培養細胞を用いた研究は、生理学、生化学的解析するには、有効なことが多いです。

FDAlight

左の写真は、マングローブ植物のマヤプシキの培養細胞です。横浜国立大学笹本教授のグループによって確立された培養細胞系です。

この細胞は、なんと、低濃度のNaClが大好きという植物の細胞としてはとても珍しい性質を示します。

FDAdark

この細胞をFluorescein diacetate (FDA)という染色剤で染めると、右のような蛍光を示します。生きた細胞だけが染色される生体染色法です。

でもよく見ると、強く光る細胞と弱く光る細胞とがありますね。

そこで、このFDAを用いて細胞の活性を定量化する方法を、微生物で開発された方法を基に、開発しました。

でも、まだFDAを分解するエステラーゼ様酵素の正体は不明です。昔から知られている現象なんですがね。

Saruyama, N., Sakakura, Y., Asano, T., Nishiuchi, T., Sasamoto, H., Kodama, H.

Quantification of metabolic activity of cultured plant cells by vital staining with fluorescein diacetate.

Anal. Biochem. (2013) in press