ホームページ タイトル 本文へジャンプ
English 研究室概要 教官紹介 メンバー紹介 在籍外国人リスト 学位論文リスト 研究業績リスト アクセス リンク



最近の研究室 (2009年5月29日更新)
2009年5月6日
楽しいBBQ
火をおこすのが大変でした。
2009年5月16日
ソフトボール大会
チーム 犬伏?
オレンジ色は犬伏先生が選びました。
ナイスピッチング!
初心者のはずなのに上手すぎる
『なんで勝てないの・・・
なんでボロ負けなの・・・
1勝も出来ないなんて・・・』
まぁいいじゃないですか!









講師 松島 未和 (まつしま みわ)
Send me emails: matsushima@
@の後にfaculty.chiba-u.jp付けて送信して下さい


担当科目(2009年度
生物生産環境学応用実験C、生物学実験、土壌・肥料(別科)、国際化対応科目Iの2回分



現在までの経緯
1998年 千葉県立東葛飾高等学校 卒業
2002年 千葉大学園芸学部生物生産科学科 卒業
2005年 Department of Renewable Resources, University of Alberta(カナダ)修了
2007年 千葉大学自然科学研究科修了、博士(農学)
全南国立大学 農業生命科学大学校(韓国)研究生(9-10月)
2007年 千葉大学園芸学研究科 助教着任 (11月)
2014年 千葉大学園芸学研究科 講師昇任 (7月)
  現在に至る。

これから進めて行きたい研究
1、窒素無機化と土壌温度の関係に関する研究
地球温暖化によって、土壌の温度も高まります。加温によって土壌微生物の活動が活性化され、その結果、窒素無機化が促進されると予想されます。この影響が黒ボク土壌とその他の土壌でどのように異なるのか、また無機化だけでなく有機化も進むのか、これらの疑問を15Nをトレーサーとして用いた研究を行いたいと考え中です。
2、ロシアの古土壌の研究(詳細未定)
ウラル山脈の南に位置するアルカイム生態保護区にある、遺跡土壌の調査を行い、遺跡が構築された時代の古環境や人間活動が土壌の特徴に与えた影響を調査したいと考えています。とくに安定炭素・窒素同位体比のうまい応用にチャレンジしたいと考え中です。


専門 土壌生化学 森林土壌
受賞 特になし
学会活動 日本土壌肥料学会会員
研究業績 こちらをクリックしてください