野原業績 2006年7月〜12月 本文へジャンプ

1-研究論文、短報

1-1福原晴夫・大高明史・木村直哉・菊池義昭・山本鎔子・落合正宏・福井学・野原精一・尾瀬アカシボ研究グループ (2006); 尾瀬ヶ原のアカシボ現象に関する研究−尾瀬ヶ原のアカシボにみられる無脊椎動物−. 陸水学雑誌, 67(2), 81-93.

1-2山本鎔子・林卓志・落合正宏・福原晴夫・大高明史・野原精一・福井学・菊池義昭・尾瀬アカシボ研究グループ(2006); 尾瀬ヶ原のアカシボ現象に関する研究−赤雪の垂直分布と藻類との関わり−. 陸水学雑誌, 67(3), 209-217.

1-3野原精一・井上智美 (2006); 干潟と地球温暖化. 地球環境,11(2), 245-254.

1-4Yamamoto Y., Ohtaka A., Hayashi T., Fukuhara H., Nohara S.,Ochiai M. (2006) Spring red snow phenomenon caused by iron accumulated around algal spores in alpine mires in Japan. Verh. Internat. Verein. Limnol., 29, 1947-1950.

1-5 Hirota M., Senga Y., Seike Y., Nohara S., Kunii H. (2007); Fluxes of carbon dioxide, methane and nitrous oxide in two contrastive fringing zones of coastal lagoon, Lake Nakaumi, Japan. Chemosphere 68, 597- 603.

1-6 Hiroki M., Nohara S., Hanabishi K., Utagawa H., Yabe T., Satake K. (2007); Enzymatic evaluation of decomposition in mosaic landscapes of a tidal flat ecosystem. Wetlands 27, 399 ? 405.


3-報告書

3-1 野原精一(2007); 尾瀬沼生態系の20年の変遷と外来種コカナダモの長期モニタリング. 尾瀬の保護と復元 特別号 149 ? 158.

3-2 野原精一(2006); 尾瀬沼の水質・底質環境(2004〜2005年)と水生植物の長期動態 尾瀬の保護と復元 27, 25-36.


6-口頭発表

6-1 井上智美・野原精一・土谷岳令(2006); 新しい方法による水生植物の根からの酸素漏出速度測定. 日本陸水学会 第71回大会, 松山, 同講演予稿集, 236.

6-2 野原精一・井上智美・矢部徹・広木幹也 (2006) ; 東京湾小櫃川河口デルタにおける安定同位体比を用いた環境影響評価. 日本陸水学会 第71回大会, 松山, 同講演要旨集, 253.