坂本業績2009年1月〜12月 本文へジャンプ

 

1.         Sakamoto, K. and Nohara, Y. (2009): Soybean (Glycine max [L.] Merr.) shoots systemically control arbuscule formation in mycorrhizal symbiosis. Soil Science and Plant Nutrition, 55, 252-257

 

2.         坂本一憲・伊藤浩平・犬伏和之・佐藤浩之(2009):牛ふん堆肥の施用が山砂におけるセイヨウミヤコグサ(Lotus corniculatus)の生育およびアーバスキュラー菌根形成に及ぼす影響.日本土壌肥料学雑誌,80399-402

 

3.         犬伏和之・坂本一憲・Imre Vano・Oslan Jumadi (2009): 施肥窒素の形態が土壌中の窒素動態と環境負荷に及ぼす影響,肥料経済研究所報告書, pp.7.

 

4.         坂本一憲(2009):サンブスギ木炭が土壌に及ぼす影響,サンブスギ木炭の新用途開発研究成果報告書(総括版:平成16年度?20年度),千葉県木質バイオマス新用途開発プロジェクト高機能木炭部会,p. 35-54

 

5.         坂本一憲(2009):山砂採取跡地への施用,サンブスギ木炭の新用途開発研究成果報告書(総括版:平成16年度?20年度),千葉県木質バイオマス新用途開発プロジェクト高機能木炭部会,p. 109-110

 

6.         坂本一憲(2009):ダイズを介した根粒菌・菌根菌・病原菌間の相互作用システムの解明に関する基礎的研究(課題番号18380047),平成2006?2008年度日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書(分担執筆

 

7.         犬伏和之・坂本一憲(2009):土壌改良資材を用いて食料と環境を考える(巻頭言),特集 土壌改良資材を用いて食料と環境を考える,農業および園芸,841),123

 

8.         坂本一憲(2009):わが国の土壌改良資材の現状と課題(総論),特集 土壌改良資材を用いて食料と環境を考える,農業および園芸,841),124-127

 

9.         坂本一憲・大須賀麻美・佐藤 孝(2009):土壌中の脂肪酸組成は土地利用を反映する,土と微生物,63p.110

 

10.     和田瀬里奈・坂本一憲・吉原利一・後藤文之2009:カルスから再分化させたヘビノネゴザにおけるアーバスキュラー菌根の形成,日本土壌肥料学会講演要旨集,55p.63

 

11.     坂本一憲・梶 智光2009:脂肪酸組成から推定されるダイズ根におけるアーバスキュラー菌根形成の分布,日本土壌肥料学会講演要旨集,55p.61

 

12.     梶 智光・坂本一憲(2009):ダイズのオートレギュレーション機構が根粒着生および菌根形成の相互作用に及ぼす影響,日本土壌肥料学会講演要旨集,55p.59

 

13.     Vano, I., Sakamoto, K., Inubushi, K. (2009): Evaluation of Fungal N2O Production in Boreal Peat as Soil Amendment. 日本土壌肥料学会講演要旨集,55p.38

 

14.     加瀬 尚子・坂本 一憲(2009):スギ炭化物の施用が山砂におけるセイヨウミヤコグサの生育及び共生菌に及ぼす影響,日本土壌肥料学会講演要旨集,55p.58

 

15.     Alam, S.S., Sakamoto, K., Amemiya, Y., Inubushi, K. (2009): Potential of benomyl-resistant mutant of Penicillium sp. EU0013, for enhancing plant growth and biological control of Fusarium wilt diseases. 日本土壌肥料学会講演要旨集,55p.53

 

16.     Vano, I., Sakamoto, K., Inubushi, K. (2009): Selection of dark septate endophytes from Ericaceae plants to enhance blueberry (Vaccinium corymbosum L.) seedling growth. Abstracts of 7th International Symposium on Integrated Field Science, p.15 (Organized by Field Science Center, Tohoku University and Ecosystem adaptability Global COE, Tohoku University) (October 10-12, 2009, Sendai, JAPAN)

 

17.     Kojima, N., Sakamoto, K. (2009): Revegetation using Birdsfoot Trefoil and arbuscular mycorrhizal fungi at a mountain-sand mining site. Proceedings of the 9th International Conference of the East and Southeast Asia Federation of Soil Science Societies, p.583-584 (Seoul)
 

18.     Sakamoto, K., Kaji, T. (2009): Abundance of an arbuscular mycorrhizal fungus, Gigaspora rosea, colonizing soybean root determined by the specific fatty acids. Proceedings of the 9th International Conference of the East and Southeast Asia Federation of Soil Science Societies, p.595-596 (Seoul)

 

19.     坂本一憲・小島倫子(2009):エキスパート演習・実習U生物資源科学コース生物生産環境学化学環境分野報告,環境園芸学エキスパートプログラム2008年度演習実習報告会オープンセミナー(218日,ポスター発表)

 

20.     Vano, I., Sakamoto, K., Inubushi, K. (2009): Selection of root-associated fungal endophytes from Ericaceae plants to enhance blueberry seedling growth,環境園芸学エキスパートプログラム2008年度演習実習報告会オープンセミナー(218日,ポスター発表)

 

21.     坂本一憲(2009):農業利用(1)サンブスギ木炭の施用が畑土壌に及ぼす影響,千葉県木質バイオマスセミナー「サンブスギ木炭の新用途の開発」(3月5日,千葉大学共催,パネラー発表,総合討論コーディネーター)

 

22.     坂本一憲(2009):教員免許状更新講習講師「植物共生微生物を利用した農業生産と環境修復」(84日)

 

23.     坂本一憲・小島倫子(2009):マメ科牧草と植物共生菌を用いた房総半島における山砂採取跡地の植生回復,平成21年度第3回千葉大学産学官連携イノベーションフォーラム?食と緑の研究シーズ発表会?(1120日,ポスター発表)