坂本業績 2011年1月-12月 本文へジャンプ

1.著書

・坂本一憲:「地下水用語集」,B5版,143p,日本地下水学会編,亜硝酸酸化菌,アンモニア,アンモニア化成作用,イオウの循環,一酸化二窒素,炭素の循環,窒素の循環,窒素肥料,土壌層CO2濃度,土壌微生物,土壌有機物,農薬,微生物分解,腐植物質,無機化,リン,理工図書,東京(2011)(11月)

・「入門統計学?検定から多変量解析・実験計画法まで?」,栗原伸一著,オーム社(2011)に坂本ら(2009)のデータが掲載.


2.原著論文

Niwa, S., Mariani, L., Kaneko, N., Okada, H., and Sakamoto, K. (2011) Early-stage impacts of sika deer on structure and function of the soil microbial food webs in a temperate forest: a large-scale experiment. Forest Ecology and Management, 261, 391-399

Vano, I., Sakamoto, K., and Inubushi, K. (2011) Phylogenetic relationships among non-pathogenic isolates of dark septate endophytes from Ericaceae plantsHortResearch, 65, 41-47

Alam, S.S., Sakamoto, K., and Inubushi, K. (2011) Effect of Penicillium sp. EU0013 inoculation on tomato growth and Fusarium wilt. HortResearch, 65, 69-73

Alam, S.S., Sakamoto, K., and Inubushi, K. (2011) Biocontrol efficiency of Fusarium wilt diseases by a root colonizing fungus Penicillium sp. Soil Science and Plant Nutrition, 57, 204 ? 212


3.総説

・坂本一憲(2011):第3部門土壌生物 共生 その2 菌根菌,日本土壌肥料学雑誌,826)(進歩総説特集号),485-486


4.報告書

・坂本一憲・石山啓二朗・加瀬尚子(2011):木質プラスチック部会成果報告書(総括版:平成19年度?平成22年度),土壌中における植物プラスチックの分解および植物プラスチックで作製されたポットが植物生育に及ぼす影響(本年度の報告とこれまでの総括),千葉県木質バイオマス新用途開発プロジェクト木質プラスチック部会,p.24-37

犬伏和之・坂本一憲・Imre Vano(2011):肥料経済研究所報告書,施肥窒素の形態が土壌中の窒素動態と環境負荷に及ぼす影響,9 pp.


5.講演発表

Alam, S.S., Sakamoto, K., and Inubushi, K. (2011): Comparative PR gene expression in tomato inoculated with Fusarium oxysporum f. sp. lycopersici and the biocontrol agent Penicillium sp. EU0013, 日本土壌肥料学会講演要旨集,57p.48

杉本百合恵・坂本一憲・園田雅俊(2011):リアルタイムPCR法を用いたダイズの根粒および菌根共生系で高発現する宿主遺伝子の定量解析, 日本土壌肥料学会講演要旨集,57p.51

・坂本一憲(2011):アーバスキュラー菌根共生系と根粒共生系の共通性と特異性,日本土壌肥料学会シンポジウム「アーバスキュラー菌根菌:研究の最前線と土壌肥料分野への貢献」(招待講演),日本土壌肥料学会講演要旨集,57p.198

・坂本一憲・荻原菜津子・梶 智光(2011):ダイズの根粒着生と菌根形成の相互作用に対するオートレギュレーション機構の関与,植物微生物研究会第21回研究交流会講演要旨集

・二重作拓郎・坂本一憲・後藤文之・庄子和博(2011):葉菜類の養液栽培における肥料成分の極量化技術の開発,園芸学研究,10(別冊2),p.157

・坂本一憲・大須賀麻美・梶 智光(2011):特異的脂肪酸を用いた植物根と土壌におけるアーバスキュラー菌根菌のバイオマス測定,菌根研究会2011年度大会(JCOM2011)講演要旨集,p.16