千葉大学園芸学部土壌学研究室 本文へジャンプ
English 研究室概要 教官紹介 メンバー紹介 海外からの研究者 学位論文リスト 研究業績リスト アクセス リンク
研究室概要

土壌の手触り

土壌は微生物の宝庫であり、無数の小さなすき間がある。手に取ってみると軟らかさが実感できる。

ポット実験
土壌を作ってさまざまな植物を植えてポット実験をする。植物は土の働きを正直に語ってくれるだろう。
研究室

土壌から放出される温室効果ガスを測定したり微生物の活性やDNAを調べる機械が並んでいる。



教育研究分野の紹介  関連授業科目  メンバー  主な研究テーマ

現状の問題点と将来展望
 卒業生,修了生の進路

NEWS


国際土壌年の目的
  • 人類の生活において土壌が担う基本的な役割を市民社会や意思決定者への周知徹底
  • 食糧安全保障、気候変動への適応・緩和、本質的な生態系サービス、貧困撲滅、持続的開発における土壌が担う顕著な役割に対して全面的な承認を得る
  • 土壌資源の持続的な管理と保護につながる効果的な政策の推進
  • 各地域・生態系に適した持続的な土壌管理への投資の必要性の喚起
  • 持続的な成長目標と2015年以降の活動の推進
  • 様々なスケール(グローバル、地域、国べつ)における土壌情報とモニタリングシステムの機能向上
(日本土壌肥料学会HPより)
千葉大土壌研は東京農工大、日大、明治大、筑波大の土壌研と共同で、毎年夏に五大学合同調査を実施しております。平成20年3月24日、千葉大が幹事校であった時の取りまとめ役であった尾花昭平君が代表して、その活動に対して古在豊樹千葉大学長より学長表彰されました。

教育研究分野の紹介


土壌は陸地を広く薄く覆っており、無機物・有機物・生物とから成る生物生産や生命活動に不可欠で地球にしか存在しない有限な資源のひとつである。わが研究室では、土壌の果たす持続可能な生物生産機能や環境保全機能の解明とその働きを維持・強化するための研究を行っている。


関連授業科目

土壌学、土壌微生物学、土壌生化学、化学環境学実験(土壌分野)、他


メンバー(2016年度前期)

教官3名

教授:犬伏和之 

講師:八島(松島)未和
客員教授:野原精一(国立環境研究所

学生・研究員:12名 (2016年4月現在)

博士課程:1名
修士課程:6名
学部4年生:5名 


主な研究テーマ

 教員の研究は研究業績を、現学生の研究テーマはメンバー紹介を、卒業・修士・博士論文テーマは学位論文リストをご覧下さい。

 

各種土壌生態系における窒素、炭素、リンなどの物質循環と土壌との関わり(犬伏)

・各種土壌における微生物バイオマス窒素・炭素の動態<2005年9月 第50回日本土壌肥料学会賞受賞>

・湿原や熱帯土壌における有機物分解と温室効果ガスの放出 <2004年6月 第7回尾瀬賞受賞>
・干拓地土壌や深層土壌、底質の酸性化および岩石風化と硫黄酸化細菌の生態


土壌圏をとりまく化学物質とエネルギーの流れ(野原)


・土壌圏、大気圏、水圏、生物圏の環境観測手法と湿原を含めた自然再生技術評価
・環境問題における化学物質とエネルギーの流れ、特に農薬の生態系影響
・酸性雨と越境大気汚染、土壌ー植物系ー微生物系への影響


土壌微生物と植物生産に影響された炭素と窒素循環の解明(松島)


・大気二酸化炭素濃度と温暖化が水田土壌の微生物活動と物質循環に与える影響(松島、犬伏)
・有機・無機肥料の組み合わせによる環境保全型施肥に関する研究
・樹木と下草の競合関係に影響された森林における窒素循環


土壌微生物を利用した地域・地球環境の変動要因・汚染原因物質の浄化と制御(犬伏)

   
・水田からのメタンガス放出抑制のためのメタン酸化細菌の生態解明(犬伏)

畑土壌からの亜酸化窒素ガス放出の制御要因の解析と土壌微生物(犬伏)
・ラン藻を利用した土壌修復技術の開発(犬伏)
コンポスト(食品生ゴミ、家畜ふん、刈芝)やバイオマスプラスチックの施用が土壌理化学性・微生物性に
及ぼす影響(犬伏)

・土壌汚染物(重金属・放射性物質・硝酸)の土壌生態系での挙動とその対策(犬伏)

有機質肥料製造過程の微生物学的検討と製品の土壌生態系への
  影響評価(犬伏


田植え
渡良瀬川遊水地における
土壌浄化機能調査
インドネシア、スマトラ島森林伐採跡地水田における温室効果ガス放出の測定

現状の問題点と将来展望

環境保全型農業をはじめ人間活動と環境全体との関係までも視野にいれた教育研究によって、優秀な人材を育てるべく努力している。境界領域の教育研究分野や学外の研究者と連携を取りながら、将来果たすべき土壌学の姿を追究している。人員、予算、スペースなど学内環境の改善を目指しつつ、社会にもまた国際的にも開かれた教育研究を展開したい。


卒業生、修了生の進路

科学機器、農薬、食品、化学工業、製薬各メーカー、生協、小学校教員大学教職員、民間財団・研究所研究員、国家・地方公務員、教員、JA、種苗関係、コンサルタント、科学機器メーカー、製薬メーカー、食品メーカー、化学工業メーカー、IT関係など