研究室の論文等

 

著書木下の情報はちょっと古いので最新版は ☞ こちらへ

• 木下勇・ハンス ビンダー・岡部明子(2012)『アイデンティティと持続可能性 〜「縮小」時代の都市再開発の方向〜』萌文社  日英併記 Isami Kinoshita, Hans Binder, Akiko Okabe (2012) Identity and Sustainability - towards new ways of urban redevelopment in an age of shrinking cities -,  Hobunsha

木下勇・卯月盛夫・みえ けんぞう 編著(2010)『こどもがまちをつくる』萌文社 

Isami Kinoshita : Niwa-roju –Private gardens serving the public realm, Jeffrey Hou ed. Insurgent Public Space , Routledge, 159-1672010


  1. 木下勇(2007): 『ワークショップ~住民主体のまちづくりへの方法論』 学芸出版

  2. 木下勇:校庭からの街のコモンづくりへ (建築の今編集委員会編『建築の今』) 建築資料研究社 255—260 2010.3

木下勇:「レビュー 未来をみすえる力が求められている」,「レビュー 食は人をつなぐ触媒」,「展望2 建築系の視点から 生活のあるべき方向をデザインする感覚を育む『住まい・まち学習』」,「あとがき」(住宅総合研究財団住教育委員会編『屋根のない学校 対話共生型住まい・まち学習のすすめ』),萌文社, pp.215,229, 266-274, 292 2010.1

木下勇:ヨソモノ・ワカモノにとってのインターンシップ,(宮口・木下・佐久間・筒井編著)『若者と地域をつくる』,原書房,1221302010.8

木下勇編著: 『子どもの遊びと安全・安心が両立するコミュニティづくり』 こども環境学会、萌文社、pp. 186 2010.3 

木下勇:「田園環境の教育力」「総合学習の原点と地域づくり」,重村力編著『田園で学ぶ地域環境』,技法堂出版,60−71,149-163, 2009.2


木下勇:「第5章 子どもの遊びの質の変化」、「第11章子どもの参画で子どもにやさしいまちづくりを」、「アクションプラン 学校から遊び場を広げる」 (仙田満+上岡直見 編『子どもが道草できるまちづくり』)、学芸出版社、pp.82-91, 174-183, 186-191, 2009.7

ペーター・ヒューブナー(木下勇訳)『こどもたちが学校をつくる』189頁,鹿島出版会,2008


  1. 木下勇(2007):市民参加による都市のオープンスペースデザインの実践~庭路樹の提案から(『都市建築のかたち』日本建築学会叢書都市建築の発展と制御シリーズⅢ)丸善 186-206

  2. 木下勇(2007.4),「まちづくりのきっかけづくり 2.1まちづくりの諸活動からーまちづくりの気運づくりー」、(西村幸夫編『まちづくり学』)、朝倉書店、pp.26‐38(B5判総頁数115頁)、

•木下勇(2006):「空間の質と都市計画」、「地域のガバナンスと都市計画~町内会とまちづくり協議会をめぐって」(『都市計画の理論~系譜と課題』高見沢実編著)、学芸出版社、pp.107-131、220-243

  1. 木下勇(1996): 『遊びと街のエコロジー』 丸善




研究論文


<住民参加のまちづくり>

  1. Jeffrey Hou and Isami Kinoshita (2007):Bridging Community Differences through Informal Processes: Reexamining Participatory Planning in Seattle and Matsudo,Journal of Planning Education and Research 2007 26: 301-314

  2. Kinoshita, Isami(2005):Vulnerability For Overcoming Conflicts- For the Community Capacity Building, International Community Planning Forum Papers & Abstracts, Community Taipei 2005, 456-468

  3. Jeffrey Hou, Isami KINOSHITA,Sawako ONO(2005):Pet Houses and Pocket Parks: Design Education Through Cross-cultural Collaboration:Council of Education in Landscape Architecture,Landscape Journal Fall 2005,

  4. 木下勇・中村攻(2004):千葉市を事例とした「スロースペース」の視点からみた市街地のオープンスペース特性:ランドスケープ研究67(5),767-772.

  5. Kinoshita, Isami,・Jeffrey Hou (2004): Negotiating Community Differences: Participatory Planning in International District, Seattle and Kogane District, Matsudo、The 5th pacific Rim Conference on Participatory Community Design 2004  Seattle, Proceedings, (Re)Constructing Communities,Jeffrey Hou, Mark Francis, Nathan Brightbill ed.  Center for Design Research  UCA Davis,  128-134.

木下勇・藤本信義・三橋伸夫(1994):地域活性化に向けた生活環境整備のパタンの抽出に関する研究―C.アレグザンダーのパタンランゲージ手法をモデルにして―:日本都市計画学会第29回学術研究論文集,691-696.

  1. 木下勇・中村攻(1997):太子堂地区を事例とする参加型地区計画におけるオープンスペース創出過程に関する研究:ランドスケープ研究60(5),691-695.


<都市開発、まちづくりとオープンスペース>

・木下勇,ハンス ビンダー(2011)日本の都市再開発におけるアイデンティティと持続可能性について、日本都市計画学会都市計画論文集 , 463-468 

Isami Kinoshita, Hans BinderAbout Identity and Sustainability by Area Management for Urban Regeneration Project at Industrial Site- A Report Focusing on the case of  SulzerAreal,  SwitzerlandCPIJ ,CPIJ Review, No.46-1, 31-36,  2011. 4

Isami Kinoshita  Hans Binder : About Identity and Sustainability of Area Management for Urban Regeneration Project at Industrial Sitefrom the cases of Japan and Switzerland, “Sustainable Landscapes, Sustainable Communities” The record of the 7th Pacific Rim Community Design Network Conference, Awaji, 46-59, 11-14 September, 2010

  1. Isami Kinoshita, Hans Binder(2008.8), A Study on Identity and Sustainability by Area Management of Urban Regeneration ProjectsFrom Some Cases in Switzerland and Japan,Proceedings of International Symposium on City Planning 2008, 21-23 Aug. Korea Planners Association,  Chonbuk National University, Korea, 408417

  2. Kinoshita, Isami Binder, Hans (2007.8), A Study on Sustainable Area Management by Urban Regeneration ProjectsFrom some cases in Japan & Switzerland,International Symposium of City Planning 2007 Proceedings,City Planning Institute of Japan pp.660-669


•木下勇・中村攻(1996):市街地再開発事業におけるオープンスペースの実態に関する基礎的研究:ランドスケープ研究59(5),249-252.

  1. 横田健一・中村 攻・木下 勇(1997):住宅密集市街地のまちづくりにおけるポケットパークと近隣住民の関係に関する考察:ランドスケープ研究60(5),695-698.

  2. KINOSHITA,Isami ands NAKAMURA,Osamu(1997):A Study on Characteristics of Open Space Constructed by the Urban Renewal Project in Japan,The City Planning Institute of Japan, International Symposium on City Planning Proceedings,89-98.

  3. (卒)谷相匡浩(2007):あふれ出しに視点を置いた細街路整備とコミュニケーションについての研究-京島地区をケーススタディとして-:千葉大学園芸学部緑地・環境学科卒業論文

  4. 木下雅史・木下勇・椎野亜紀夫・中村攻(1999):高架下空間の土地利用形態に関する研究―東京23区の高架鉄道の下部空間を対象としてー:日本都市計画学会第34回学術研究論文集,13-18


<防災>

木下勇・中村攻・三藤佐和子(1994):防災避難計画における一時集合場所の実態に関する研究―東京都豊島区におけるケーススタディー― 千葉大学園芸学部学術報告第48号,109-115.


<集合住宅団地>

•中村攻・木下勇(1993):低層集合住宅団地における管理形態からみた共用空間の問題対応に関する研究:造園雑誌56(5),301-306.

  1. 轟慎一・中村攻・木下勇(1993):低層集合住宅団地における管理形態からみた共用空間の問題対応に関する研究:造園雑誌56(5),301-306.


<子どもの遊び>

•Drianda, Riela Provi: The ‘Stranger Danger’ Issue in Japanese Neighbourhoods: Children’s Perceptions, Experiences and Drawings, Childhoods Today, Vol.4 (1), December 2010.

•Drianda, Riela Provi and Kinoshita, Isami: Danger from Traffic to fear of Monkey’s: Children’s independent mobility in four diverse sites in Japan, Global Studies of Childhood, Vol 1(3), 2011.

•Drianda, Riela Provi, and Kinoshita, Isami: Toward Safer and More Playful Neighborhood for Children: Children’s Views on Neighborhood Safety, Its Playful Environment and the Role of the Community in Supporting Children’s Independent Mobility and Outdoor Play, Proceeding of Pacific Rim Community Design Network, pp.212-220, 11-14 September 2010.

•Drianda, Riela Provi and Kinoshita, Isami: Toward sustainable neighborhood: an Overview of Children's Play Spaces in the Urban Neighborhood, Proceeding of Asian Planning Schools Association Congress, Tokyo, 19-21 September 2011.


  1. Isami KINOSHITA (2009) Charting Generational Differences in Conceptions and Opportunities for Play in Japanese Neighborhoood, Journal of Intergenerational Relationships, vol,7, No.1,   Routledge, 53-77,2009

Shen Yao, Kinoshita Isami : A study on the relationship between children’s play activity and open space areas in high-rise housing estates in Beijing,  Journal of Environmental Information Science, Vol.38, No.5  March 2010, pp.53-60,  2010.3


Shen Yao, Kinoshita Isami:Study on the Children's Playing Space in High-rise Residence Housing Estates of Beijing: Journal of Environmental Information Science Vol.37, No.5, Japan Environmental Information Science, pp.129-134,2009.3

吉永真理・横山明子・木下勇:まちでの遊びが子どもの生活リズムや心身健康状態に及ぼす影響に関する研究、学校保健研究Vol.51 No.3,日本学校保健学会、pp.183-192,(2009.8)


•木下勇(1992):都市との比較からみた農村の児童の自然との接触状況~児童の遊びを通してみた農村的自然の教育的機能の諸相に関する研究(その1):日本建築学会計画系論文報告集第431号,107-118.

•木下勇(1993):三世代への聞き取りによる農村的自然の教育的機能とその変容~児童の遊びを通してみた農村的自然の教育的機能の諸相に関する研究(その2):日本建築学会計画系論文報告集第450号,83-92.

•木下勇・中村攻(1993):児童の風景描写からみた農村景観への意識化に関する基礎的研究:造園雑誌56(5),211-216.

•岡田幸恵・中村攻・木下勇・斎藤雪彦(2001):都市地区及び農村地区における子供の「虫取り遊び」の段階性と多様性に関する事例研究:ランドスケープ研究64(5), 883-886.

•木下勇(2004):自然体験型遊び場づくり(『地域環境デザインと継承』日本建築学会編シリーズ地球環境建築・専門編1),彰国社,306-310

  1. (卒)箕輪太一郎(2007):登下校時の児童の自然接触行動に関する研究:千葉大学園芸学部緑地・環境学科卒業論文



<子どもの参画>

•木下勇・中村攻(1994):飯田市りんご並木整備への中学生参加にみる参加と教育に関する一考察:都市計画191号,88-96.

•木下勇(2003):地域における社会科学習と子どもの「参画」:社会科教育研究年報 2002別冊,2-15.

•木下勇(2003):都市計画と子どもの権利:子どもの権利条約総合研究所、『子どもの権利研究』、日本評論社、第2号,87-93.

•木下勇(2004) :まちづくり学習とNPO(『まちづくり学習』,日本建築学会編まちづくり教科書第6巻),丸善,44-51

•木下勇(2004):子どもと地域の活性化,中小商工業研究80号,中小商工業研究所,pp.11-18

•Jeffrey Hou and Isami Kinoshita (2006):Building Sustainable Community through Intergenerational Participation: Cases of Community-University Partnership in International District, Seattle and Kogane, Matsudo, International Symposium on Urban Planning 2006, Taipei Taiwan, 422-432

  1. (卒)酒井恵理子(2006):小学生の地域コミュニケーションの場への参加に関する課題-川崎市・みやざきコミュニティガーデンをケーススタディとして-:千葉大学園芸学部緑地・環境学科卒業論文.

  2. 木下勇,卯月盛男,園田高明,渡慶次康子,中村桃子,永島憲一郎(2008 .3)日・独『子どもがつくる街』等の事例からみた子どもの参画の要件,住宅総合研究財団 研究論文集 No.34 ,349-360

<エコロジカルな環境>

•木下勇・吉川仁(1999):都市におけるエディブル・ランドスケープ(食べられる景観)の意味と役割について:日本都市計画学会第34回学術研究論文集,361-366.

•木下勇(2000):エディブル・ランドスケープの形成への住民の意識に関するケーススタディ:ランドスケープ研究63(5),687-690.

•(修)沖佳苗(2006):エディブル・ランドスケープと子どもの関わりについて―世田谷区三宿・池尻・太子堂地区をケーススタディとして―:千葉大学大学院自然科学研究科環境計画学専攻修士論文.


  1. <土地利用計画>

  2.  海野芳幸・木下勇・轟慎一(1998),掛川市生涯まちづくり土地条例の特別計画協定区域における住民参加によるまちづくり計画策定過程とその課題に関する研究-西山地区を事例として-,日本都市計画学会第33回学術研究論文集,pp534‐540.

•木下勇(2000),スイスの空間計画の背景,景域・自然生態環境保全と空間計画との関係,空間計画における住民参加,「スイスの空間計画」(農村開発企画委員会),農村工学研究63,pp4‐28,pp61‐70,pp92‐102.

•木下勇(2004):海・まち育てのすすめー自然再生の市民参加と都市計画制度(『海辺の環境学』,小野佐和子・宇野求・古谷勝則編),東京大学出版会, 212-251


<環境マネジメント>

•(卒)高島慎太郎(2006),大学キャンパスにおける環境管理のための情報システム-松戸地区におけるWebGIS運用への提案-,千葉大学園芸学部緑地・環境学科卒業論文.

  1. (卒)石津佳己(2006),大学キャンパスの環境管理活動を学生主体で行う意義と問題点-千葉大学松戸・柏の葉地区環境ISO学生委員会を事例として-,千葉大学園芸学部緑地・環境学科卒業論文

野口智司・柳井重人・木下勇(200811)高等学校における環境マネジメントシステムの導入と活動の推進に関する研究, 環境情報科学論文集22, 69474 


<公園>

Sari, Mutiara, and Kinoshita, Isami: Community Garden in Neighborhood Park Planning: Assessing its Possibility in Jakarta City (Indonesia), Proceeding of Pacific Rim Community Design Network, pp.178-184, 11-14 September 2010.

Sari, Mutiara and Kinoshita, Isami: Assessing the Attractiveness of Square Parks and Impact of Garden within Park in Different Level of Community Participation: Case Study in Kanazawa Ward-Yokohama City, Proceeding of Asian Planning Schools Association Congress, 365-374, Tokyo, 19-21 September 2011.

Sari, Mutiara and Kinoshita, Isami: Characteristic of Public Small Park Usage in Asia Pacific Countries: Case Study in Jakarta and Yokohama City, Proceeding of Asia Pacific International Conference on Environment-Behaviour Studies, 397-404, Famagusta, 6-9 December 2011.


•(卒)加藤晋介(2006):都市公園における指定管理者制度の導入の動向に関する研究:千葉大学園芸学部緑地・環境学科卒業論文.

•(修)大前昌子(2006):住区基幹公園の管理運営の評価に関する研究:千葉大学大学院自然科学研究科環境計画学専攻修士論文.

  1. (修)福田隆史(2007):指定管理者制度における民間企業による都市公園の管理運営に関する研究:千葉大学大学院自然科学研究科環境計画学専攻修士論文


<農村計画>

唐崎卓也・木下勇:農村地域の共同店にみられる地域協働に関する研究、日本建築学会計画系論文集, 76664号、1121112820116

唐崎卓也・安中誠司・木下勇: 里山保全活動の実践における関係者間のコミュニケーションに関する課題,ランドスケープ研究73(5)pp.53-582010.5 

唐崎卓也・安中誠司・木下勇:里地保全活動の実践における関係者間のコミュニケーションに関する課題、ランドスケープ研究(日本造園学会)、73(5)667-67020103

唐崎卓也・安中誠司・木下勇:農業・農村体験活動関係者の参加モチベーションとインセンティブ、ランドスケープ研究(日本造園学会)、72(5)p835-84020093


•轟慎一・中村攻・木下勇・渡辺和夫(1996):集落空間における環境構成要素間の連関についての考察:ランドスケープ研究59(5),241-244.

•斎藤雪彦・中村攻・木下勇(2000):中山間地域における集落域の空間管理に関する基礎的研究―兵庫県養父町内2集落を事例として―:農村計画学会誌18(4),275-286.

  1. 轟慎一・中村攻・木下勇(2002):低地部集落の宅地空間における水路・道路の改変と連関変化,日本建築学会計画系論文集第558号,203-210

•斎藤雪彦・中村攻・木下勇・椎野亜紀夫(2001):中山間地域における集落空間管理とグリーンツーリズムの関係に関する研究:ランドスケープ研究64(5),887-892.

•轟慎一・中村攻・木下勇・藤正三(1995):農村地域における自治体の景観施策に関する基礎的研究:ランドス ケープ研究58(5),241-244.

•三橋伸夫・木下勇・藤本信義(1995):農村集落における活動計画づくりの展開と課題―新潟県小国町における事例的検討―:日本都市計画学会第30回学術研究論文集,361-366.

•(卒)小島裕之(2006):都市農村交流活動のための自然体験の場の現状と問題点―千葉県房総地域の農山村をケーススタディとして―:千葉大学園芸学部緑地・環境学科卒業論文.

  1. (卒)細山崇子(2007):大衆観光地でのエコツーリズムの導入に関する研究-福島県裏磐梯地域を対象として-:千葉大学園芸学部緑地・環境学科卒業論文


<高齢者>

•椎野亜紀夫・中村攻・木下勇・斎藤雪彦(2001):既成住宅地における高齢者の生活管理外出の圏域特性に関する研究:ランドスケープ研究64(5),815-820.

•椎野亜紀夫・中村攻・木下勇(2000):高齢者の日常的外出行動を規定する要因に関する研究:社会福祉学41(1),1-12.

  1. 椎野亜紀夫・中村攻・木下勇・斎藤雪彦(2000):高齢期における余暇外出行動の空間特性に関する研究:日本都市計画学会第35回学術研究論文集,829-834.

(卒)佐野亜希子(2007):神奈川県内の認知症対応型共同生活介護事業所における園芸活動の現状と課題:千葉大学園芸学部緑地・環境学科卒業論文