日英 ユースラジオプロジェクト 

 

本年7月25日〜8月5日に英国リーズ市のユースラジオ局の16歳前後の若者8名が来日します。昨年、来日してストリートプレイ(右写真)の講演をされたHeads Together のシンクレア氏が子ども若者の拠点として進めるユースラジオ局の若者たちです。今回、東日本大震災で被災した子ども・若者たちとこれまでの経験を分ち合い、社会に発信したいことをラジオドラマとして作成し、それぞれのユースラジオ局から発信しようという企画です。 

 この企画に賛同し、協力してくれる方々を今、募集しています。

日程
7月25日(木)午前7時50分 成田空港着 16歳前後8名+スタッフ2名
26日(金) 松戸or 市川で若者交流 
27日(土) 東漸寺にて松戸・市川の若者交流演奏会&若者の創造拠点 
      の講演会(アドリアン・シンクレア氏)☞ココ
28日(日) 仙台へ JR パス 利用開始(7日間) 仙台のユースFM交流番組づくり(案)  
29日(月) 石巻 ラジオドラマ制作のための演劇ワークショップ 
30日(火) 石巻 ラジオドラマ制作のための演劇ワークショップ 
31日(水) 石巻 (スタジオ?) 収録(日英板) CD 焼き付け 
8月1日(木) 弘前へ 移動  弘前ねぷた参加
2日(金)  弘前大学で交流 (相談中)
3日(土)  東京へ(JRパス7日目)
4日(日)   
5日(月)午前9時45分成田発
事業趣旨 
①被災地の中高校生の東日本大震災の避難から復興過程におけるこれまでの経験から社会に伝えたいことを英国や他地域の若者と共有する。
②その交流の方法として演劇ワークショップを行い、ラジオドラマ(日本語版、英語版またはそのミックス)を作成する。
③そのラジオドラマを関わるラジオ局から発信する。
④CD等のメディアでも頒布する。
⑤これ以外に英国のグループは松戸や市川、そして弘前ねぷた祭り、弘前大学学生等と交流する。その記録や印象を彼らのユースラジオの番組で英国にて紹介する

協力者募集中 
協力の相談内容: 
①若者交流の受け入れ:この若者たちを受け入れて、若者の交流をする企画。できれば宿泊等を面倒見てくれたらありがたい。来る若者たちはラジオ局のスタジオ、ステージで音楽を演奏する仲間で皆、何かしら演奏できます。コンサートでも結構です。
②ラジオドラマワークショップは元黒テントで演劇ワークショップと英国でコミュニティアートで修士の学位をとられたベテランの花崎摂さんにお願いしています。しかしシナリオは出来ても収録のスタジオも今のところ宛もなく、また、どうすればよいのかわかりません。来る子らは演奏ができるので音楽も入れながらの収録ができる場と収録のご協力を得られたらありがたいです。
③最後に、やはり資金。 今回の来日には日英ダイワ基金から50万円の助成を得て彼らは来ますが、とてもそれでは足りないので、ファンドレイジウングをしている所です。資金援助、寄付のご協力。

ご協力いただける方は木下勇まで
  isamikinoshita  の後に@faculty.chiba-u.jp  をつけてメールでご連絡を!
どうぞよろしくお願いします。

アドリアン・シンクレア Adrian Sinclair 氏の紹介:
ヘッヅ・トゲザー プロダクション クリエイティブ・ディレクター
wwww.headstogether.org | www.elfm.co.uk | www.twovalleysradio.co.uk
アドリアン・シンクレア氏は演劇カンパニーから始まったヘッヅ・トゲザー プロダクションの創始者の一人で今は多様な表現形態でのヨークシャー地方のコミュニティや機関と連携して、アーティストや教師の監督などクリエイティブ・ディレクターとして活躍。リーズの地域での安全性と公共空間の有効活用で1990年代に行政のアドバイザーを10年近くつとめる。政権の変化で地域に根ざす方向に転換し、地域の民主主義の参加型アプローチとしてコミュニティラジオのプログラムを実施している。キーテーマの一つとして過去25年間、若者がコミュニティの中でもっとリーダーシップをとれるように若者の参画を推進してきた。「『なぜ』という問いを皆、投げかけがちだが、若者と一緒にやってきて興味深い点の一つは、若者の問いかけはもっと挑戦的な質問からはじめる。『なぜだめなの?』と」  
リーズのメスレイ住宅地で道路に芝のシートを敷いて2日間のストリートパーティを実施したプロジェクトは有名。このストリートパーティ運動が英国でのホームゾーンの展開の一役を担った。シンクレア氏はそのプロジェクトの仕掛人。

  2012年7月30日の明治大学を会場にしたシンクレア氏の講演会
http://kodomo-anzen.org/activitys/activityslist/751/
にて刺激を受けたコドモ・ワカモノ・まちingの星野諭氏や東京プレイの嶋村仁志さんたちが石巻市の方々と石巻のメインストリートに人工芝シートを貼ったプレイストリートを2012年10月14日に子どものまちと合わせて実施。

http://tozenji.sakura.ne.jphttp://www9.ocn.ne.jp/~applekin/event/UKJPYouthConcert.htmlhttp://www.headstogether.org/http://www.elfm.co.uk/http://www.twovalleysradio.co.uk/http://kodomo-anzen.org/activitys/activityslist/751/http://www9.ocn.ne.jp/~applekin/event/UKJPYouthConcert.htmlshapeimage_3_link_0shapeimage_3_link_1shapeimage_3_link_2shapeimage_3_link_3shapeimage_3_link_4shapeimage_3_link_5

スタッフのアドリアンはこの有名なリーズのMethley 住宅地の道路に芝を貼ったプロジェクトの仕掛人

ユースラジオは☞

その後にホームゾーンに整備 メスレイ リーズ

石巻のプレイストリート

2012.10.14

このサイトは古いままですので新しいサイトへは こちらから 

 日英ユースプロジェクトin 南三陸(石巻、南三陸町他)