木下勇?

Isami Kinoshita?

 
 

千葉大学大学院園芸学研究科・教授。専門 都市計画・農村計画


若い時「三世代遊び場マップ」等の活動を仲間と始め、現在は子ども・住民参画のまちづくり、都市計画、持続可能な都市再開発地域マネジメント、地方創成の関連で活動中。

1978年、東京工業大学建築学科卒業。1979-80年スイス連邦工科大学留学、1984年 東京工業大学大学院博士課程修了、工学博士。農村生活総合センター研究員、千葉大学園芸学部助手、助教授を経て2005年より現職。

 日本学術会議連携会員、東京工業大学非常勤講師、市川市景観審議会会長  

 ユニセフCFC「子どもにやさしいまち」国際諮問委員会委員、など。

著書:『ワークショップ~住民主体のまちづくりへの方法論』(単著、学芸出版)『遊びと街のエコロジー』(単著、丸善)、『まちワーク』(共編著、風土社)、『子ども・若者の参画』(共著、萌文社)、『都市計画の理論』(共著、学芸出版)、『海辺の環境学』(共著、東大出版会)、『こどもたちが学校をつくる』(翻訳、鹿島出版会)『こどもがまちをつくる』(共編著、萌文社)、『アイデンティティと持続可能性(日英併記)』((共編著、萌文社)など。


 

profile




Name: Isami KINOSHITA

Gender: Male





Occupation: Professor, Planner

School: Chiba University

Location: Matsudo



favorites







contact




 

木下 勇       Isami Kinoshita

Berner FachHochchuleにて


     

学位  工学博士

学歴  1978年 東京工業大学工学部建築学科卒業

    1980年 スイス連邦工科大学留学終了

    1981年 東京工業大学大学院修士課程修了

    1984年 東京工業大学大学院博士課程修了

研究  

住民参加・子ども参画のまちづくりに関する研究

オープンスペースの観点からの都市再開発に関する研究

都市計画および土地利用計画制度等の空間管理の制度と方法に関する研究

NPO・市民参画による環境形成・管理の主体形成の理論と方法に関する研究

環境教育・まち学習など次世代への持続可能な環境管理の理論と方法

エネルギー生産等持続可能なむらづくり

パブリックオープンスペースの活性化、プレイスメイキングに関する研究

安全なまちづくり(防犯、防災)に関する研究


ミッション UNESCO Growing Up In Cities Japanコーディネート, Child Friendly Cities Asia Pacific Regional Network member, UNICEF CFC International Advisory Board Member  

世田谷区にて 四世代目の遊び場マップづくり実行委員会 (遊びと街研)の活動、子ども安全まちづくりパートナーズその他各地の子ども参画の環境点検と地域改善活動を推進するコーディネート


受賞  1995 日本建築学会奨励賞(論文)

    1997 日本都市計画学会石川奨励賞

    2009 日本都市計画学会石川賞)


社会活動

1)日本学術会議連携会員

2)こども環境学会理事

3)(財)住宅総合研究財団 運営委員 〜2014

4)市川市景観審議会委員(委員長)

5)下田市都市計画懇話会委員

6)奈良市子ども条例検討委員会(副委員長)〜2014

  1. 7) 都市公園における遊具の安全管理に関する検討調査 検討・調査委員会委員 〜2014等

以下は過去の主な歴任

千葉県北総里山会議座長

横浜市市民まち普請事業部会委員

港区児童遊園等のあり方検討委員会委員長

印西市市民活動推進検討委員会委員長

葛飾区都市マスタープラン策定委員会副委員長

葛飾区環境基本計画策定委員会委員

松戸市景観基本計画策定委員会委員長

世田谷まちづくりセンター運営委員

国土交通省地域づくりインターン事業運営委員

旧国土庁および国土交通省 地域アドバイザー  等。

非常勤講師歴 放送大学学園、共立女子短期大学、日本女子大学、お茶の水女子大学等


発表論文

Children’s Play Environment after a Disaster: The Great East Japan Earthquake, Isami KINOSHITA, Helen WOOLEY, Children 2015, 2, 39-62; doi:10.3390/children2010039, 2015


Space, People, Interventions and Time(SPIT): A Model for Understanding Children’s Outdoor Play in Post-DisasterContexts Based On a Case Study from the Triple Disaster Area of Tohoku inNorth-East Japan,  Helen Woolley, Isami Kinoshita, CHILDREN & SOCIETY DOI:10.1111/chso.12072, 2014


A GIS-Based Approach in Support of Spatial Planning for Renewable Energy: A Case Study of Fukushima, Japan, Qianna Wang, Martin Mwirigi MI’kiugu and Isami Kinoshita , Sustainability, 2087-2117; doi:10.3390/su6042087, 2014



Martin Mwirigi M’Ikiugu*, Isami Kinoshita, Yoritaka Tashiro (2012) Urban Green Space Analysis and Identification of its Potential Expansion Areas.,Procedia - Social and Behavioral Sciences, Volume 35, Elsevier. pp.449–458.


木下勇・ハンス・ビンダー(2011.10) 日本の都市再開発におけるアイデンティティと持続可能性について;日本都市計画学会、都市計画論文集 Vol.46 No.3 , pp.463-468,  

 

Isami Kinoshita, Hans Binder (2011.4) About Identity and Sustainability by Area Management for Urban Regeneration Project at Industrial Site- A Report Focusing on the case of  SulzerAreal,  Switzerland、CPIJ ,CPIJ Review, No.46-1, 31-36


唐崎卓也・安中誠司・木下勇(2010.5 ) 里山保全活動の実践における関係者間のコミュニケーションに関する課題,ランドスケープ研究73(5)pp.53-58


Shen Yao, Kinoshita Isami (2010.3 )A study on the relationship between children’s play activity and open space areas in high-rise housing estates in Beijing,  Journal of Environmental Information Science, Vol.38, No.5  March 2010, pp.53-60,


Isami KINOSHITA (2009) Charting Generational Differences in Conceptions and Opportunities for Play in Japanese Neighborhoood, Journal of Intergenerational Relationships, vol,7, No.1,   Routledge, 53-77,2009


Isami KINOSHITA(2008.1), Keynote Address: Creating Childrens Environment with Children in Community Development Processthe Fourth Generation’s Play Map and GUIC program,  “Play and Changing Environment” the 17th  IPA Conference, Hong Kong,  Jan. 8-11, 2007,   pp.61-62


木下勇,卯月盛男,園田高明,渡慶次康子,中村桃子,永島憲一郎(2008 .3)日・独『子どもがつくる街』等の事例からみた子どもの参画の要件,住宅総合研究財団 研究論文集 No.34 ,349-360


Isami Kinoshita, Hans Binder(2008.8), A Study on Identity and Sustainability by Area Management of Urban Regeneration ProjectsFrom Some Cases in Switzerland and Japan,Proceedings of International Symposium on City Planning 2008, 21-23 Aug. Korea Planners Association,  Chonbuk National University, Korea, 408417


Isami Kinoshita, Hans Binder (2007.8), A Study on Sustainable Area Management by Urban Regeneration ProjectsFrom some cases in Japan & Switzerland,International Symposium of City Planning 2007 Proceedings,City Planning Institute of Japan pp.660-669


Kinoshita, Isami (2007.4), “Children’s Participation in Japan: An Overview of Municipal Strategies and Citizen Movements,  Children, Youth and Environments 17(1): pp.269-286.


Hou, Jeffrey ・ Kinoshita, Isami(2007.4), Bridging Community Differences through Informal Processes: Reexamining Participatory Planning in Seattle and Matsudo, Journal of Planning Education and Research 2007 26, SAGE Publicationspp.pp.301-314


Hou, Jeffrey ・ Kinoshita, Isami ・Ono, Sawako (2005) Design Collaboration in the Space of Cross-cultural Flows, Landscape Journal 24(2) 125-135,Council of Educators in Landscape Architecture &University of Wisconsin Press, (共著)


木下勇・中村攻 (2004) 千葉市を事例とした「スロースペース」の視点からみた市街地のオープンスペース特性日本造園学会、ランドスケープ研究第67巻第5号、pp.767-772 

木下勇(2003)地域における社会科学習と子どもの「参画」(2003)、日本社会科教育学会、社会科教育研究研究年報 2002別冊、pp.2-15


木下勇他(2000) エティブル・ランドスケープの形成への住民の意識に関するケーススタディー (2000) 日本造園学会研究発表論文集、635)、p687-690 


Kinoshita, Isami Nakamura, OsamuLaili,YangPing,Li(1999)Urban Planning Issues to Make A Children-suitable City : A Case Study about the Children's Playing Field in Different Residential Areas of China and Japan (1)  (1999) Forestry Studies in China, Vol.1, p37-46

Kinoshita, Isami Nakamura, OsamuLaili,YangPing,Li(1999)

Urban Planning Issues to Make A Children-suitable City : A Case Study about the Children's Playing Field in Different Residential Areas of China and Japan (2)  (1999) Forestry Studies in China, Vol.1, p47-56 (共著)



著書  

(単著・単訳)

・『ワークショップ〜住民主体のまちづくりへの方法論』(2007.2 学芸出版社


・『遊びと街のエコロジー』(1996) 丸善


ペーター・ヒューブナー著、木下勇訳(2008)『子どもたちが学校をつくる』鹿島出版会


(共著)

・「子どもと生活ガバナンス」「住まいと生活ガバナンス」「環境と生活ガバナンス」,木下勇, 宮本みち子・奈良由美子編『生活ガバナンス研究』, 放送大学大学院文化科学研究科, NHK出版, 74-97,187-208,230-251, 2015


「まえがき」「住まいの冒険〜おや?の契機としての事象」 「地域・まちの変容と主体形成」「環境共生と主体性」、「主体性を求めて」、「あとがき」、木下勇、『住まいの冒険』、4−8、13−33、75−93、162−171、193−196、萌文社、2015 


・木下勇(2013.10)「スロースペースが人とまちを育てる」『実践!コミュニティデザイン』(林まゆみ編集、木下勇他10名)彰国社  120-141 


・木下勇(2013.10)「地域ガバナンスと町内会・自治会」『新米自治会長奮闘記』(住総研編著(握千九答著木下勇補論))萌文社123−143  


木下勇(2013) 「子ども環境デザイン」 『子ども学』 萌文書林 98−117


・木下勇・ハンス ビンダー・岡部明子(2012.2)『アイデンティティと持続可能性〜「縮小」時代の都市再開発の方向〜』 萌文社  (日英併記) Towards new ways of urban redevelopment in an age of shrinking cities


NiwaRoju, (2010.4)(Jeffrey Hou ed.  “Insurgent Public Space” ), Routledge, 159-167


ヨソモノ・ワカモノにとってのインターンシップ (2010.8),(宮口・木下・佐久間・筒井編著)『若者と地域をつくる』,原書房,122130


・木下勇・卯月盛夫・みえけんぞう編著(2010) 『こどもがまちをつくる』 萌文社


・木下勇(2010.3)校庭からの街のコモンづくりへ (建築の今編集委員会編『建築の今』) 建築資料研究社 255—260


・木下勇(2010.3)『子どもの遊びと安全・安心が両立するコミュニティづくり』 こども環境学会、萌文社、1−86 


・木下勇(2010.1) 「レビュー 未来をみすえる力が求められている」,「レビュー 食は人をつなぐ触媒」,「展望2 建築系の視点から 生活のあるべき方向をデザインする感覚を育む『住まい・まち学習』」,「あとがき」(住宅総合研究財団住教育委員会編『屋根のない学校 対話共生型住まい・まち学習のすすめ』),萌文社, pp.215,229, 266-274, 292

 


・木下勇(2009.7 )「第5章 子どもの遊びの質の変化」、「第11章子どもの参画で子どもにやさしいまちづくりを」、「アクションプラン 学校から遊び場を広げる」 (仙田満+上岡直見 編『子どもが道草できるまちづくり』)、学芸出版社、pp.82-91, 174-183, 186-191



・「まちづくりと子ども・遊び・エコロジー」(広井良典編著『「環境と福祉」の統合』)2008.2有斐閣 197-211

「空間の質と都市計画」「地域のガバナンスと都市計画~町内会とまちづくり協議会をめぐって」
『都市計画の理論』(2006)、学芸出版社、pp.107-131,  pp220-243


「まちづくり学習とNPO」まちづくり教科書第6巻『まちづくり学習』(2004)、日本建築学会編、
丸善、pp.44-51

「自然体験型遊び場づくり」シリーズ地球環境建築・専門編1『地域環境デザインと継承』(2004)
日本建築学会編、彰国社、pp.306-310


「海・まち育てのすすめー自然再生の市民参加と都市計画制度」 『海辺の環境学』(2004)、
小野・宇野・古谷編、東大出版会、pp. 212251

「英国のサステイナブルシティに向けた都市計画の背景」『ぐるぐるめぐりの創造的まち育て』(2003)
ハーバード・ジラルデッド著(塚田訳)・ボーンセンター編、千葉まちづくりサポートセンター、
pp.101-108

「市町村レベルの総合的土地利用計画の策定に向けての合意形成過程と運用のあり方に関して」
『土地利用規制立法に見られる公共性』(2002)、藤田宙靖・磯部力・小林重敬編、土地総合研究所、
担当部分pp.330-353

「子どもの参画とストリートワイズ」『子ども・若者の参画』(2002)、子どもの参画情報センター編、
萌文社、pp.12-27


「スイスの空間計画の背景」、「景域・自然生態環境保全と空間計画との関係」、「空間計画における住民参加」 (2000) スイスの空間計画、農村開発企画委員会 pp428pp6170pp92102

・まちワークMachi-work Education for Participation (2000) Kinoshita Isami &Adams, Eileen 共編著 
(
日英併記)、Fudoshapp1111

The Apple Promenade in Iida City (1999) Democratic Design in The Pacific Rim,R.Hester & C.Kweskin, Ridge Time Press, pp92-99

・子どもとまちづくり (1999) まちづくりの科学、佐藤滋編、鹿島出版、pp327-335