緑が学校をつくる Gruenmachtschule
 
 

共生環境シンポジウム・こども環境学会大会2009(千葉)プレイベント   

緑が学校をつくる 報告書


開催日時:2009年2月1日(日)13:00-16:30

会場:  一橋記念講堂(学術総合センター)2階中会議室2・3・4

主催:こども環境学会

共催 ゲーテ・インスティトゥートJapan、千葉大学(現代GP共生環境による房総半島活性化プログラム)

後援 文部科学省、環境省、国立教育政策研究所、()日本造園学会、(社)日本建築学会、学校と地域の融合教育研究会、環境教育学会、IPA日本支部

企画 こども環境学会大会2009(千葉)実行委員会


内容:以下の通りの進行で実施した。

主催者挨拶:仙田満(こども環境学会会長、放送大学教授)

共催者挨拶:レンツコ(Lenzko ドイツ文化センター副所長

基調講演:オルトルート・クール(Ortrud KuhlGruen Macht Schule ランドスケープアーキテクト、プロジェクトマネージャー)

コメント:こどもの成育環境として  小澤紀美子(東海大学教授) 

事例報告:首藤万千子(世田谷区守山小学校あったらいいなこんな学校の会)、槇重善(横浜市環境創造局、習志野市谷津南小&秋津小ビオトープづくり)、

尾上伸一(横浜市教育センター,横浜での学校ビオトープづくり)

パネルディスカッション:O・クール、塩瀬治(自由の森学園中等部校長)、仙田考(環境デザイン研究所)、 

司会進行  木下勇(千葉大学)

 

緑が学校をつくる シンポジウム 報告

資料集はこちら

gruenmachtschulehttp://www.gruen-macht-schule.de/