こどもの力フォーラム7/31−8/1

 

多くの人々がつながって、こども環境学会大会が終わり、7月31日、8月1日か ら、新たな活動が始まります。4月下旬、千葉市きぼーるを舞台に開催された「こども環境学会千葉大 会」は、こども環境学会主催、千葉市共催により、4日間で150 0人余の来場者を得て閉幕しました。実行委員会は19回を数え、その間、約50近くの県内団体が主体 的に関わり、40を越えるプログラムを無事に終えることができま した。これにより県内の子ども支援、子育て支援のNPOのヨコの つながりや、こども環境学会と千葉市との関係づくり、テーマであ るこどもの力と言う概念の共有を進めることができました。私たちは、単に1度きりの大会を行うのではなく、その後もフォ ローアップを行うことが大切、と考えてきました。そこで今回、そ の第1弾として子どもの参画を中心に、子どもを取り巻く様々な課 題について、みんなで考える「こどもの力」フォーラムを開催する

こととなりました。4つの大変魅力的なプログラム群で構成され、こどもから大人ま で、それぞれ楽しめるようになっています。ぜひお越し下さい。



「こどもの力」フォーラム

(こども環境学会2009年大会(千葉)フォローアップ行事)


日時 7月31日(金)

   〜8月1日(土)

   あさ9時30分〜17時

場所 きぼーる(千葉市中央区中央4)   千葉市子ども交流館ほか

会場については       http://www.qiball.info/index.php

参加費 無料


プログラム

 4つのプログラムからなっています。

 国際シンポジウム「こどもにとっての、遊びとみちの安全、安心」

 国際シンポジウム「こどもの力を信じる、こどもの参画と地域社会」

 「子ども大学inきぼーる」

 「科学遊び」

 「こどものまちCBT」

 (注:「こども」表記と「子ども」表記の混在は、各プログラムの主催者の慣例に拠ります)


運営主体 「こどもの力」フォーラム(前・こども環境学会2009年大会(千葉)実行委員会)

この催しの国際シンポジウムは、(独)福祉医療機構の助成事業「子どもの移動自由な遊びと安全・安心環境が両立する子どもにや さしい地域環境形成ガイドラインの作成」の一貫として実施します。

また「科学遊び」はゲーテ・インスティトゥートのPASCH(パートナーシップスクール)のプログラムの一貫として実施します。








★  ★  ★




各プログラムの詳細


8/1午前

9:30 国際シンポジウム 「こどもにとっての、遊びとみちの安全、安心」

主催:こども環境学会

9:30 ▼ハイデローゼさん講演「こどもにやさしいまち〜こどものためのパートナー」

10:30 こどもたちの道探検の報告

11:00 ▼こどもにやさしいまち、遊びとみちの安全、安心・パネルディスカッション

12:00 ▼終了 昼食休憩 


同時開催 「科学遊び」

10:30 ドイツのでんじろう ハルトムートさんの科学遊び


8/1午後

13:00 国際シンポジウム 「こどもの力を信じる、こどもの参画と地域社会」

主催:千葉市

13:00 開会 基調講演 「こどもの力」 木下勇(千葉大学 教授)

13:30 ▼子どもから見た「夢はぐくむ ちば 子どもプラン」報告タイム

    ▼子どもたちと千葉の大人とのガチンコ・ディスカッション 

                   熊谷千葉市長と子どもたち

14:30  ▼みんながつながった「こども環境学会・千葉大会」報告タイム

14:50 ▼カーラさん講演「子どもの遊びと参画」

15:50 ▼こども記者報告タイム

16:00 ▼パネル討論

17:00 ▼ 終了


同時開催 「科学遊び」

14:30 園田高明さん(九州大学の先生ですが万華鏡おじさんとして著名)

                の万華鏡づくり


7/31    子ども大学    テーマ「いえ、家族、まち」

申込み必要:http://kodomo-univ.net/

主催:西千葉大学実行委員会、

後援:千葉市教育委員会、千葉大学


7/31-8/1   こどものまちCBT こどもたちがつくるこどものまち

参加無料

主催:千葉市





お問合せは、

千葉市子ども交流館   043-202-1504、または、

千葉市子ども家庭福祉課 043-245-5176、FAX:245-5547


詳しい内容や講師の方々の情報は、フォーラムHPで紹介しています。

http://mirai-design.net/chiba/



★  ★  ★



海外からの講師のみなさんご紹介


Karla Leonhardt-Zacharias

カーラ・レオンハルト・ツァハリアス
IPA(国際遊び協会)ドイツ

の元会長で、ミニミュンヘンをはじめた プレーバスなどのドイツ

全体での遊び活動ペダゴギッシェアクショ ンのリーダー、ヴォル

フガング・ツァハリアス氏の奥さん。ドイツ 全体の遊び文化活動

のコーディネーターとして活躍。日本とのつなぎ役でもあり、最

近日本語を学んでいる。

http://www.spielkultur.de/


Dr. Heide-Rose Brueckner

ハイデ-ローゼ・ブルッ
クナー女史

子ども支援協会連邦マネージャー、ベルリンでの第1回こどもの

まち世界会議の主催者。ドイツでのこどもの権利、子どもの参画

の推進者、メルケル首相とも親しい政治的にも力を発揮。2006年

に行なわれた、ハルトムートさんとの市川でのワークショップは

大好評。

http://www.dkhw.de/


Dr. Hartmut Wedekind

・ヴェーデキント博士

フンボルト大学・小学校教育指導長、教育学(数学&物理学)。 

こどもたちの科学への関心をたかめる遊びのプログラムをい

ろいろ考えている愉快な人、ハイデローゼさんの旦那さん。

http://zope.ebf.hu-berlin.de/

 

千葉市では次世代育成支援行動計画を子ども参画で策定中

下 市長と握手する策定委員の子どもたち