学部・大学院
Academics

加藤  顕

加藤 顕 助教 Ph.D.
緑地環境資源学

加藤  顕加藤  顕

氏名

加藤  顕

職位

助教

学位

Ph.D.

所属
  • 園芸学研究科 緑地環境学コース 緑地科学領域 緑地環境資源学分野
  • 園芸学部 緑地環境学科 緑地科学プログラム 緑地環境資源学分野
居室 D棟 4階 405
電話 047-308-8892
E-mail akiran@
faculty.chiba-u.jp
ホームページ http://akira-kato.org/

名古屋生まれ、米国ワシントン大学大学院森林資源学部より2008年に博士号取得後、2009年より千葉大学 園芸学研究科 助教に就く。主な専攻は森林リモートセンシング、GIS,景観生態学。修士の研究は衛星画像を用いてインドネシアで行い、博士の研究は3次元レーザーデータを用いてワシントン州シアトルで行った。高解像レーザーを用いて詳細に森林構造を把握することが専門である。近年は、地上レーザーデータから自動で毎木調査を行う手法を確立し、里山での木質バイオマス量の正確な把握や生態系サービスの定量化を行っている。レーザーを用いた研究に対して2008年アメリカ写真測量学会から賞を受賞。現在の主な関心は、地上レーザーを世界の様々な森林((熱帯林や温帯林)に導入し、衛星のグランドトゥルースとなる現場での森林モニタリング技術を確立している。

  • 2014年 千葉大学 優秀発明賞 受賞
  • 2013年 千葉大学 学長賞 受賞
  • 2009年 千葉大学 学長賞 受賞
  • 2008年 アメリカ写真測量学会からPaul R. Wolf Memorial Scholarship Award と Ta Liang Award を日本人初同時受賞

特許

  1. 発明者 加藤 顕:「表面再現方法及び表面再現プログラム」特開2011-123776号
  2. 発明者 加藤 顕:「三次元測定対象物の形態調査方法」特願2011-227165号
  3. 発明者 加藤 顕:「魚眼画像データ作成プログラム及びLAI算出プログラム」特願2013-020951号

国際特許

  1. 発明者 加藤 顕:「魚眼画像データ作成プログラム及びLAI算出プログラム」PCT/JP2013/59456号

主な業績

  1. Ground truth measurement of trees using terrestrial laser for satellite remote sensing, Kato,A., Morgenroth J., Kelbe D., Gomez, C. van Aardt, J.A, IEEE IGARSS 2013, Melbourne, Australia, July 2013
  2. Field tree measurement using terrestrial laser for radar remote sensing, Kato, A., Watanabe, M., Morgenroth, J., Gomez, C., Proceedings of 2013 Asian-Pacific Conference on Synthetic Aperture Radar, Tsukuba, Japan, Sept. 2013
  3. 高速道路法面におけるレーザーを用いた葉面積指数の推定、加藤 顕、戸倉千明、小林達明、野田佳慶、有村恒夫、福田聖一、日本緑化工学会誌39(1) 194-197, 2013
  4. 航空機レーザー測量を用いた異なるスケールアプローチでのスギ・ヒノキ林材積の推定、根本 光、加藤 顕、小林達明、日本緑化工学会誌38(1) 79-84 2012
  5. 地上レーザーを用いた外来抽水植物の地図作成技術, 林 敏樹、加藤 顕、日本緑化工学会誌38(1) 250-253, 2012
  6. Detecting seasonal change of deciduous trees using ALOS PALSAR and airborne lidar, Kato,A., Watanabe,M., Yamaguchi,Y., Kobayashi,T., IEEE International, pp. 1656-1659, Munich, Germany, July 2012
  7. 法面緑化地での車載レーザー利用のためのシミュレーション開発, 加藤 顕, 小林達明, 福田聖一, 有村恒夫, 日本緑化工学会誌37 (1), 96-101, 2011
  8. 千葉県におけるモウソウチク林群落拡大モデルに関する基礎的研究, 鬼束大平, 加藤 顕, 小林達明,日本緑化工学会誌 37(1) 90-95,2011
  9. Monitoring Forest Management Activities Using Airborne Lidar and ALOS PALSAR, Kato,A., Watanabe,M., Kobayashi,T., Yamaguchi,Y., Iisaka, J., IEEE IGARSS 2011 IEEE International, pp. 2318-2321, Vancouver,Canada 2011
  10. True Orthophoto Creation Through Fusion of LiDAR Derived Digital Surface Model and Aerial Photos, Kato, A., Moskal, L.M., Schiess, P., Calhoun D., Swanson, M.E., Proceedings of ISPRS Commission VII Symposium 2010, 2010
  11. Capturing Tree Crown Formation through Implicit Surface Reconstruction using AirborneLidar Data, Kato, A., Moskal, L.M., Schiess, P., Swanson, M.E., Calhoun, D., and Stuetzle, W.,Remote Sensing of Environment 113, pp. 1148-1162, 2009
  12. Kato, A., (2008) "Capturing Tree Crown Attributes from High Resolution Remotely Sensed Data", Ph.D. Dissertation, University of Washington
▲ PAGE TOP