学部・大学院
Academics

児玉 浩明

児玉 浩明 教授 理学博士
酵素化学特論、生体機能化学

児玉 浩明児玉 浩明

氏名

児玉 浩明

職位

教授

学位

理学博士

所属
  • 園芸学研究科 生物資源科学コース 応用生命化学領域 生命分子化学分野
  • 園芸学部 応用生命化学科 応用生命化学プログラム 生命分子化学分野
居室 自然科学 2号館9階
電話 043-290-3942
E-mail kodama@
faculty.chiba-u.jp
ホームページ http://www.h.chiba-u.jp/lab/seikalab/Kodama-index.html

遺伝子の転写後発現制御機構に関する研究を行っている。遺伝子が発現するには、遺伝子がいつ、どこで、どのくらい発現するかを決める転写段階の調節と、転写後タンパク質に翻訳され、機能するまでの段階での調節を受ける。RNAサイレンシングと呼ばれる真核生物に広く認められる現象では、転写後に特定のRNAが分解される。しかし、その分子機構がすべて明らかになったわけではない。そこで、RNAの分解ばかりでなくRNAのプロセシングやタンパク質への翻訳段階においての抑制機構も含めて研究を進めている。また、植物のマイクロアレイを作製し、花部の形質の解析に用いている。2006年度からは有機農業の分子基盤を明らかにする研究をスタートさせ、これまで効果は明らかでも研究がほとんどされていない発酵産物の解析を進めている。

主な業績

<原著論文>

  • Kodama, H., Kawakami,. N., Watanabe, A. and Komamine, A. (1989) Phase-specific polypeptides and poly(A)+RNAs during the cell cycle in synchronous cultures of Catharanthus roseus cells. Plant Physiol. 89: 910-917
  • Kodama, H., Ito, M., Ohnishi, N., Suzuka, I. and Komamine, A. (1991) Molecular cloning of the gene for plant proliferating-cell nuclear antigen and expression of this gene during the cell cycle in synchronized cultures of Catharanthus roseus cells. Eur. J. Biochem. 197:495-503
  • Kodama, H., Hamada, T., Horiguchi, G., Nishimura, M. and Iba, K. (1994) Genetic enhancement of cold tolerance by expression of a gene for chloroplast ω-3 fatty acid desaturase in transgenic tobacco. Plant Physiol. 105: 601-605
  • Murakami, Y., Tsuyama, M., Kobayashi, Y., Kodama, H. and Iba, K. (2000) Trienoic fatty acids and plant tolerance of high temperature. Science 287: 476-479
  • Tomita, R., Hamada, T., Horiguchi, G., Iba, K. and Kodama, H. (2004) Transgene overexpression with cognate small interfering RNA in tobacco. FEBS Lett. 573: 117-120
  • Shimamura, K., Oka, S., Shimotori, Y., Ohmori, T. and Kodama, H. (2007) Generation of secondary small interfering RNA in cell-autonomous and non-cell autonomous RNA silencing in tobacco. Plant Mol. Biol. 63: 803-813
  • Hirai, S., Oka, S., Adachi, E. and Kodama, H. (2007) The effects of spacer sequences on silencing efficiency of plant RNAi vectors. Plant Cell Rep. 26: 651-659

<総説>

  • Hamada, T. and Kodama, H. (2006) Phenotype of the transgene in plants: expression and silencing. In: Floriculture, Ornamental and Plant Biotechnology: Advances and Topical Issues (1st edition), vol II, pp98-107. Teixeira da Silva J.A. ed. Global Science Books, London, UK

<翻訳>

  • Mohr and Schopfer 著、網野真一、駒嶺穆 監訳(1998)植物生理学、シュプリンガー・フェアラーク東京株式会社

<著書>

  • 芦原坦、作田正明 編著(2004)植物分子細胞生物学、オーム社

▲ PAGE TOP