学部・大学院
Academics

百原  新

百原 新 教授 理学博士
植物形態分類学,植生史学,フィールドコラボレーション

百原  新百原  新

氏名

百原  新

職位

教授

学位

理学博士

所属
  • 園芸学研究科 緑地環境学コース 緑地科学領域 緑地環境資源学分野
  • 園芸学部 緑地環境学科 緑地科学プログラム 緑地環境資源学分野
居室 D棟 3階 307
電話 047-308-8900
E-mail arata@
faculty.chiba-u.jp
ホームページ http://www.h.chiba-u.jp/seitai/member/momohara.html

大阪市生まれ.大阪市立大学卒業後,千葉県立中央博物館学芸員を経て,1994年より千葉大学園芸学部に勤務.専門は環境考古学,古植物学,古生態学,保全生態学.現在の日本や東アジアで見られる植物や,森林や湿原などの植生が,第四紀(今から約260万年前以降の氷河時代)の気候変化や,縄文時代以降の人と自然との関わりの歴史のなかで,どのように形成されたかを,種子や果実,葉などの植物化石を使って研究している.地域の自然の歴史を生かした緑地作りを提案するとともに,湖底の堆積物に眠っている種子を取り出し,一旦そこから絶滅した水生植物を再生する研究も行っている.地質・地形学や考古学,植物分子系統学など多領域の研究者と共同のフィールドワークを重視し,近場では千葉県の考古遺跡,東は北海道根室半島から,西は中国雲南省をへてネパール・カトマンズ盆地までの地層を歩き回り,植物化石を集めている.日本第四紀学会評議員.

主な業績

  • Momohara, A., 2011. Survival and extinction of the Taxodiaceae in the Quaternary of Japan. Japanese Journal of Historical Botany, 19, 55-60.
  • 百原 新,2010.中部ヨーロッパと中部日本の新第三紀から第四紀への植物化石群変化の時期:気候変動との関連で.第四紀研究,49,299-308.
  • 百原 新(2007)東アジアの植物の多様性と人間活動.町田 洋ほか編「地球史が語る近未来の環境」,101-122.東京大学出版会.
  • 百原 新ほか(2006)古環境分析.千葉大学文学部考古学教室編「千葉県館山市沖ノ島遺跡第2・3次発掘調査慨報」,31-36.
  • Momohara, A., (2005) Palaeoecology and history of Metasequoia in Japan, with reference to extinction and survival in East Asia. In, LePage,B., Williams, C., and Yang, H. (eds.) "Topics in Geobiology, 22. The geobiology and ecology ofMetasequoia", 115-136, Springer.
  • 百原 新(2004)海辺-すみかの原型.小野佐和子・宇野 求・古谷勝則編「海辺の環境学.大都市臨海部の自然再生」,33-61,東京大学出版会.
  • 百原 新(2004)植物相.千葉県史料研究財団編「千葉県の自然誌.本編8,かわりゆく千葉県の自然」,78-106,千葉県.
  • 町田 洋・大場忠道・小野 昭・山崎晴雄・河村善也・百原 新(2003)第四紀学.朝倉書店.
  • 百原 新(2002)東アジアの第四紀植物地理変遷とカトマンズ盆地ボーリングコアの植物化石.月刊地球,24, 332-338.
  • 百原 新・上原浩一・藤木利之・田中法生(2001)千葉県手賀沼湖底堆積物中の埋土種子の分布と保存状態.筑波実験植物園研究報告,20号,1-9
  • 百原 新(2000)第三紀から第四紀への環境変化と植物相の変化.プランタ,69,20-25
  • 百原 新(1997)縄文海進-急激な温暖化と海水準変化.堂本暁子・岩槻邦男編「温暖化に追われる生き物たち-生物多様性からの視点」,125-133,築地書館,
  • 百原 新(1996)ブナ科とブナ属の歴史.原正利編「ブナ林の自然誌」,55-65,平凡社
  • 百原 新(1996)クルミ科.週刊朝日百科「植物の世界」,8,119-125
  • 百原 新(1996)メタセコイア.週刊朝日百科「植物の世界」,11,217-219
  • 百原 新(1994)メタセコイアの繁栄と衰退,日経サイエンス,1994年8月号,32-38
▲ PAGE TOP